2009 Trip to 台湾

August 13, 2009

台北3日目。

朝7時半頃起きて、
速攻支度して、朝ごはんを食べる。
昨日買ったメロンパン。
すごく美味しかった。

食べ終わった後は、
親父が行きたかったと言う
九分へ。

ここは、「千と千尋の神隠し」
の舞台となったと言われる場所。

台北駅までTAXIで行き、
その後バスで基隆(キロ)へ。
バスで約1時間ほど。値段は一人55元。

バスが着いた後は、今度は別のバスに乗り、
九分へ向かう。

約30分ほど乗り、やっと着く。

(バスの運転はかなり荒く、
 なかなか楽しかった。
 全然英語も日本語も通じなかったが、
 身振り手振りと、紙に書いてもらったのと、
 後はいかしたサングラスをかけた
 乗客のおばちゃんが助けてくれて、
 無事に着く。
 おばちゃんありがとう)

*******

9分は、かなりの山奥にあった。
山を大分登り、本当に山の中にある。
金ピカのお寺が、山の中にドカンと立っている。

そんな中にある町、九分。
確かに風情はあったが、
完全な商業地と化していた。

その中で、色々歩き回り、
麺を食べる。
昨日と同じようなワンタン麺。
店の中がめっちゃ暑く、
物凄い量の汗をかきながら食べる。

食べ終わった後は、TAXIで近くの列車の駅へ。
(値段は180元)
そこから、13時27分の電車で台北へ向かう。
約1時間乗って、無事に台北へ着く。
列車の中は冷房が物凄くきつくて、
本当に寒かった。

思うけど、アメリカも、どこの国も、
日本以外の国って、
本当に冷房をガンガンに使うよね。
日本は、「省エネ」「エコ」って言って、
冷房を使わないようにしているけど、
他の国ではもう本当にガンガンに使いまくってるから、
日本人がちょびっと頑張っても、
余り変わらないような・・・

でも、本当にこの国は冷房を使いすぎだよね。
マジで寒いもんね。

*********

列車が14時半ごろ台北駅に着き、
その後地下のショッピング街を散策する。

本屋があり、中を見ると、
日本で売っている女性向けの雑誌が、
そのまま中国語に訳して売っている。
(「ミーナ」とか、「ノンノ」とか・・・)

後は、日本の雑誌がそのまんま、
少しだけ割高で売っていた。
(日本なら定価650円を、
 800円ぐらいで)

他にも、モスバーガーを見たり、
吉野家を見たり。
日本の商品や食べ物やが、
そのまんまあるケースが多い。

******

中を見た後は、
101へ行こうとするが、
外は物凄い雨。

これじゃ行っても意味がないよねと、
その地下街で時間を潰す事に。
親父が食べたいというつみれ団子のスープを
店で食べ、
俺はセブンイレブンで買った、
ウーロン茶で煮た卵。
一個8元(24円)。
味は、そのまんま。

雨も少し小降りになり、
そのままTAXIでホテルへ。

帰ってきて、5時半頃から、8時まで昼寝。

******

8時ごろ出て、4人で南へ歩き、
ガイドブックに乗っているレストランへ。
麺の専門店と書いてあったが、
ここの炒飯が本当にまずかった。
焦げ臭いし、苦い。
ビーフンのような麺もまずかった。
残念。
いくらガイドブックに乗っていても、
店のオーラがよくない店は入ったらあかんな。
親父は、「よし」っつって、
さっさと入ってっちゃったからな・・・

*****

その後はもうちょっと歩いて、
タピオカミルクティー発祥の店と言われる店舗へ。

そこで、一旦中に入るが、
店の中がうるさ過ぎるとの家族の意見より、
テイクアウトに決定。

頼むと、出てくるまで20分かかるとのことで、
店の外で待つ。
風が気持ちよかった。


待っている間、店から出てくる客達を見ていたが、
台湾人の女性の顔って、2パターンに別れるよな、と。

1パターンは、鼻が大きくて、
どっちかというと、ごっつい感じの顔。

もう1パターンは、顔のつくりが可愛くて、
顎が小さいタイプ。

どっちが、台湾人(本省人)で、
どっちが、外省人(漢族)の血なんでしょう。

そう考えていくと、
人のルーツというか、
その歴史とか、どうしてその民が
その国に住んでいて、
どうやって、その文化が発展してきたのかとか、
本当に面白いと思う。

********

いざ出てきたタピオカは、
とても美味しかった。
お姉ちゃんは、タピオカが
余り美味しいという印象がなかったらしいが、
これでその悪い印象は拭えましたか?との問いに、
「やっぱり余り好きではない」とのこと。
残念ですねえ。

******

歩いて、ホテルへ帰る。
ゆっくりと歩いていたけど、
片道約50分の道のり。
昼寝を2時間以上したせいか、
足もすごく軽く、
久しぶりに、体が元気だった。
よく寝て、マッサージもしてもらって、
良いもの食べてるからかな?

*******

そんなわけで、帰ってきて、
タイプをして、今に至る。
時間は夜の1時24分。

明日はいよいよ最終日。
朝9時にお出迎えが来て、そのまま空港へ向かうだけ。
悲しいなあ。

*******

歩きながら、よくサンノゼにいた頃を思い出す。
アメリカ2年目と3年目を過ごした頃。
きっと、その頃は
周りに台湾人が沢山いたっていうのと、
というか、だからだろうな。
サンノゼには、リトル台湾人街があったし、
最初に一年間住んだ家も、台湾人の家だった。
よく通っていた学校の近くのスーパーも
台湾人の店だったし、
よく食べていたパンも
台湾人のパンだった。

仲良くなった自分のステイしていた家の
兄弟も台湾人だったし、
サンクスギビングのイベントで
知り合った人たちも、台湾人だった。

思えば、サンノゼの2年間は、
台湾の人たちや、文化と触れ合う機会が
本当に沢山あったんだなあ。
3年目の途中から好きになった女の子も、
台湾人だったしね。

そういえば、DE ANZAの学校で
習ってたカンフーも、台湾人の先生だったよね。
こう考えてみると、本当に台湾付けだったんだな。

そんな台湾に、今回初めて来た。
やっぱり、近い気がする。

50年前まで、日本政府が台湾を
統治していたという影響もあるだろうけどね。

*******

さて、では遅くなったので、
もう寝ます。






shunsukesekine at 01:30コメント(0)トラックバック(0) 

August 12, 2009

家族と中正祈念堂にて
CIMG0291

本日台北2日目。
現在ホテルのPCにてこれを打っている。
本当はもっと早く切り上げようと思ったが、
デジカメの容量が一杯になり、
いくつかのデータをウェブ上のストーレッジに
アップしようと試みるが、
ここの回線が遅すぎて、全然アップできず。
ひとつのビデオをアップするのに、
1時間近くかかっている状態。
途中で切り上げるのも悔しいので、
一つのビデオがアップされるまで待っている状態なり。

********

さて、台北2日目。
昨日は夜の2時ごろまで寝付けず、朝は7時半頃
起きる。
速攻支度して、ホテルの一階で簡単な朝食を取る。

その後は、ツアーの集合時間の8時40分まで、
20分ほど、ホテルの周りを散策する。

ちょっと歩いたら、立派なお寺があったり、
そこに、朝から拝んでいる人が何名かいたりと、
台湾の人は、信仰深いというか、
それが日常生活の一部に入っているんだなあと感じる。

******

少しして、ホテルのロビーへ集合。
今日のツアーを仕切る、台湾人のおじさんがロビーに現れる。
その人の後ろに付いて、
ホテル前に泊まったワゴンに乗り、
いざツアー出発。

ワゴンの中には、俺たちの他に、
四人家族が一組と、30代前半位のカップルが一組の、
計10人が乗り込んだ。

ワゴンは、すぐに一つ目の目的地、
忠烈祠(チョンリエスー)へ向かった。

(続く)

上の続き。今は台北3日目。

9時OPENだが、15分ほど前に着く。
めちゃくちゃ日差しが強い中、
門の前で待つ。
門番が二人、微動だにしない状態で立っていた。
本当に1ミリも動かない。
一瞬、「人形か?」と錯覚するほど。
瞬きもほとんどしない。
その横で、観光客は一生懸命写真を撮る。

9時になり、中へ入った。
中は随分広かった。
一番奥の建物は、中が非常にこっていた。

中では式典が行われる


******

9時半に出発し、次は故宮博物館へ。
ここでは90分間見学。
ガイドのおじさんの話す声は、
マイクで拾う。

普通に見たら10年かかると言われる展示品の数だが、
それを、見物だけピックアップしてさらっと見る。
一番有名なのは、豚の角煮の彫り物と、
白菜の彫り物。
それから、象牙を掘って、球体が13個、
別々に動くようになったもの。
これは凄かった。
さらに、小さな象牙の箱の中に、
これまた小さく彫ったアクセサリーの数々が、
全て入るというもの。

昔の中国人の技術の凄さに
脱帽する。

*******

この博物館もさらっと見て、
次はお昼ご飯。
その前に、お決まりの土産物屋に立ち寄る。
約30分の拘束。
その後、昼食場所「MIYAKO」へ。

ツアー客10人が一緒の円形テーブルに座る。
出てきたメニューはまあまあ。
豚の角煮を始め、
典型的な台湾料理を食べる。
杏仁豆腐はあまり美味しくなかったな。

昼食後は、隣のダンキンドーナッツで
ポンデリングを買い、
そのまま中正祈念堂へ。
そこは、蒋介石の祈念堂。
建物の作りは凄かった。
中は、蒋介石の歴史の品々が展示してある。



その後は、行天宮へ。
ここでは、多くの人々が
占いをし、お参りをしている。
ボランティアのおばあちゃんたちが、
参拝する人々に、大きな竹のようなもので、
お清めをしている。
なかなか印象に残る光景だった。

その後は、地下を通り、
占い横丁へ。
地下の小さな一角を使い、
たくさんの占い屋さんがある。

その後は保安官へ。
ここでもお寺を簡単に見る。



********

全ての場所を見終わった後は、
足つぼマッサージ。
約20分の体験。
俺の担当は若いアンちゃんで
まだ手つきが慣れてなかったが、
なかなか気持ちよかった。
終わった後、足がすごく軽くなった。



その後は、お茶の店へ。
入り口では熱く熱したお茶の葉っぱで、
手を洗う。
そして、おばちゃまがお茶の入れ方を
目の前でデモンストレーションしてくれる。

ウーロン茶や、東方美人などの
お茶を入れてくれる。
体に良いというプーアル茶は
漢方の味が強かったが、
「体にいいんだろうな」という感じの味がする。








*******

その後、全てを終えて、最後の場所、
免税店(DSFギャラリア)へ。
そこでお土産のパイナップルケーキなどを買う。

その後、俺と母親と姉の3人は、
全身マッサージの店へ。
志村ケンがヒイキしているというその店へは、
そのままワゴンが連れて行ってくれる。

中へ入ると、メニューを選んで決める。
90分1500元(4500円)のを選んで決める。
「120分で2000元よ。どう?」と
店員のおばちゃんがしつこい。
「90分で結構」と言うと、
ちょっとがっかりしていた。

トイレを済ませ、俺たち3人の個別の部屋へ。
俺の担当は、若め(恐らく30代後半だが、
母親と姉を担当した老舗のお二人に比べると、
若め)の女性が担当。

姉と母親は、上に書いたとおり、
かなり年季の入っているおばさん達が担当。

まずはパンツ一丁になり、
専用の薄い浴衣みたいなものを着る。
柄はなんと、志村ケンのバカ殿様。
どこまで志村ケンびいきなんだよ・・・(笑)

その後、仰向けに寝て
首まですっぽり布団をかぶる。
もう寝ちゃいたいくらい。

その後、温タオルを使い、
首の周りをマッサージ。
これがまた気持ちいい。
首のつぼを、重点的に押して行ってくれる。

その後、肩。
すごく気持ちよくて、気づいたら寝ていた。

その後は、足。
股関節の凄く近くからマッサージされ、
完全に勃起していた。(笑)
こりゃあまずいと、左の足に移ったときに、
「もっと強く」と伝えたら、
本当に強くて、一気にムスコは元通りに。

その後、うつ伏せになり、
背中のマッサージ。
足はそこまで疲れていないから、
そんなに気持ち良くは感じなかったけど、
やっぱり背中から上は本当に気持ちよかった。

90分といえども、あっという間に終わってしまった。


店員にお礼を言って、店を去る。

******

ホテルに着くと、丁度19時過ぎ。
親父を連れて、士林夜市へ。
TAXIで110元ほど。

着いて、まずは屋台が100件以上集まるという
場所へ。
そこで、麺や、馬鹿でかいチキン、
アイスシャーベットなどを食べる。


士林夜市。ぐるっと周ると5分以上かかる。


その後は、洋服などの屋台が連なる
場所へ。

そこで、お土産の品をいくつか買う。

人の数は物凄く多かった。
途中、警察の取締りが来たらしく、
一斉に屋台を引き上げる連中。
まるで民族大移動という感じ。

その屋台の一連を見終わった後は、
近くのスーパーへ入る。
そこで、台湾の人々が買う品々を拝見。
考えてみたら、台湾にはスーパーがほとんどない。
みんな、1日3食、外で食べると言うのは
本当らしい。

例えば、キレイな格好をした女性が、
外の汚い屋台で、麺をすすっている光景が
よく見られる。
不思議だよな、日本とかの常識から考えたらね。
本当、国によって、「常識」ってものは違うよね。

*******

スーパーで、念願のメロンパンゲット。
20元。今朝食べたら、物凄く美味しかった。
へへへ

*******

そんなわけで、スーパーも見て、
帰りもTAXIで帰ってくる。
そして、PCに写真を写して、
昨日は就寝。
夜の2時過ぎに寝付く。

(3日目へ)

shunsukesekine at 00:45コメント(0)トラックバック(0) 

August 10, 2009

夜市で食べたバカでかいチキン
CIMG0329

今台北。
今日の4時近くの飛行機で成田を発ち、
午後7時ごろにこっちに着いた。

空港に着いてからは、
空港ピックアップの李さんというおばさんが出迎えてくれて、
俺たち家族以外の計5組位の日本人ツアー客を一気に、
バスに入れ込み、出発。

高速をグングン走り、各家族がステイするホテルへと
ドロップオフしていく。

(道路を走り出して、なんだかアメリカに似てるなあと思ったら、
 こっちはアメリカと同じで左ハンドル、右側通行だった。
 道路も、6車線くらいあり、非常につくりがアメリカと似ている。)

俺たちの泊まるホテルは、最後に着いた、
エンパイアーホテル。
名前はすごいが、中身は、必要なものだけ
揃えたという感じの、とても質素なつくり。
前に泊まった香港のホテルを思い出した。

でも、受付の男性二人は、
ノビタ君が太ったような感じの、おとなしめで
静かな二人組み。とても感じがいい。
(それとも、ただ黙ってるから感じがよく思えるのかな?)


外へ出て、近くの屋台の風景を見て、
そのあとはホテルの近くの台湾料理屋で夕食。
料金設定は、台湾にしてはやけに高く高級だったが、
味はまあ良し。
サーバーの人たちのおもてなしが、
ウザいくらいにひっきりなしに来る。
お茶がなくなったら、お茶をついでくれたり、
俺が出てくる料理一品ずつの写真を撮っていたら、
新しい皿が出てくるたびに、「さあ写真を撮って」
との素振りをしてくる。
で、撮り終わったら、さっさと4人分よそってくれる。
たいしたもんだぜ。

ホテルの近くの屋台通り


食べ終わったあとは、歩いて近くのファミマとセブンイレブンを見る。
物価は日本に比べて、8掛け位の安さ。
例えば、缶ビール350mlが一本、40元(120円)とか、
水のペットボトルが一本30元(90円)とか。
(ちなみに今日のレートでは、1円が大体0.32元。)


今はちなみに、ホテルの一階の、パソコンルームで
これを書いている。
日本語も英語も、中国語も使えて便利。

*********

さて、今までずっと来たかった台湾です。
今日はもう疲れたので寝ますが、
明日から2日間、しっかりと台湾を見てきます。

やっぱり、台湾人の女の子はスタイルが良い子が
多いなあ・・・。

2009/08/10 10:58PM

shunsukesekine at 22:59コメント(0)トラックバック(0) 
Archives
記事検索