旅から学んだ大事なこと

July 01, 2012 18:28


昔、2005年の7月、
アメリカ一周の旅をしているとき。


アムトラックの列車に乗り、
列車の中で、寝泊まりをしていた。


確か、ユタ州か、コロラド州の辺りを走っているとき。


その時、俺の横には、
初老の女性が乗っていて、
その人と、色々と話をしていた。



俺は、日記帳を持っていて、
やる事はそれに自分の気持ちを書くことしかなかったので、
ひたすら書いていると、
大体の人は、
「何を書いているの?」と話しかけてくれた。

彼女も、その内の1人だった。


*****


彼女に、「あなたはところで、何をしているの?」
と聴かれたので、
自分は、日本からの留学生で、
今は留学して3年が終わったところで、
まだカリフォルニアしか見ていないので、
アメリカ全体を見たいと思って、
こうして旅をしている、と告げた。



すると彼女は、こう聞いた。


「ところで、あなたは幾つ?」



21歳です、と答えると、

「このような形の一人旅をするには、
ちょっと若すぎるんじゃないの?」

と言われた。



確かに、一人で、
ただひたすら、
列車の外の景色を眺めて、
自分の過去のことなどに思いを馳せているヤツなんていうのは、
普通、21歳ではいなかった。


俺の周りには、
彼女の様に、
そろそろ定年で、リタイアをしたばかりの人たちばかりしか、
旅をしていなかったから。


*****


その彼女が、ある朝、
俺に何かのフルーツをくれながら、
こう話してくれた。



「若い頃はね、
きらびやかなもの、
豪華なもの、
派手なもの、

そういったものに、
感動したり、心を奪われたりするんだけど、

私のように歳をとると、
自然の中にある、
何でもないような、素朴な景色を、
なによりも綺麗だと、思う様になるのよ。」



そういって彼女が指した窓の外には、
まだ朝もやがかかり、
先ほどやっと出て来た太陽の光に照らされて、
薄緑色に輝く、
何の変哲もない、草が生えた畑が広がっていた。




*****



その時の彼女の台詞と、
その窓の外の光景は、

未だに、ふとした瞬間に、
よく思い出す。





*****



さっき、母親に、誕生日のお祝いの電話をして、
少し話をして、

その後、自分の部屋から見える、
外の景色を眺めていたら、

そして、外に広がる、
山にかかった薄紫の雲、
その切れ目から除く、黄金色に光った夕日、

そして、目の前に広がる田んぼと、
その横を流れる、水路の水の音、
遠くで鳴く、虫の声などを聞き、


7月頭の、この、
涼しい、気持ちいい風を肌に感じていたら、




あの時の、その女性の言葉と、
その光景と、

その、「雰囲気」を、思い出した。




*****




こういう、「瞬間」を味わうとき、

俺は、人生は、
かけがえのないものであると思う。




2012/7/1 18:28











March 01, 2007 12:47


旅をするとき、
どこか行きたいところがあるなら、
まず、出発する前に、予定に入れていく。

途中で一日、二日の変更はあれど、
最終的には、自分の行きたかったところへ行けるだろう。
まず初めに、予定に入れたのだから。

逆に、何も予定を入れず、その場その場で楽しむ旅もよい。
目的地がないから、フラフラするものの、
そのときそのときの流れで、
方向は決まっていくだろう。


人生も同じ。
どうしても、自らの人生でやり遂げたいことがあったのなら、
まずは初めに、自分の「人生予定表」に、
その目的地を入れることだ。

“予定通り”には行かなくて当然だが、
自らの志した方向へ、
必ずや近づけるだろう。
逆に、その「予定」なくしては、
そこへたどり着ける確率は、低い。



己の人生、目的地もなく、
ただ流れに身を任せるのも、その人の自由。
ただし、その時その時の出来事により、
流れは決まってしまうだろう。

どっちの楽しみ方も、その人の自由だ。


大事なのは、ただ一つ。
「旅の過程」を楽しむこと。

その「旅」は、必ずや、
終わったときに、良い思い出となるのだから。
そして、その「旅」は、
もう二度とできない。


旅は、ハプニングの連続の方が、
あとで良い思い出になったりする。
ヤバければヤバい体験の方が、
後で思い返したとき、ずっと楽しい。

後で、
「もっとこうしておけば良かった」
「もっと動いておけばよかった」
と後悔しないように、
その旅の、毎瞬間を、
楽しむことだ。


同じ道のりでも、
同じゴールでも、
楽しんだのか、
楽しまなかったのかで、
その旅は、
全く違うものとなる。



2・25・07

(良太郎の試合を見た後、サンノゼから発つ前に思い、
 新聞の端っきれに書いたこと)


October 18, 2006 08:00



全ては、捉え方である。

人生がシンプルだと思えば、シンプルになる。
複雑だと思えば、複雑なものになる。

熱い太陽の下で、暑くて不幸だと思えば、不幸になるし、
日を身体いっぱいに浴びられて幸せだと思えば、幸せになる。




August 22, 2006 11:55


モノゴトの本質を見極めればいい。

本当に“何が”大事なのかを、
己が知ればいい。


・“車”=走るため、移動するため。
     外観、飾りではない。

・“英語”=Communicateするため。
 話せればいい。
 うまい発音、カンペキな文章は必要ない。

・“人生”=生きるため。

      生きるために、狩りをする。
      大事な人を守るために、強くなる。狩りをする。


狩り(仕事)のために、生きるのではない。
世間の目を気にして、それに応えるために、結婚するのではない。
愛する人がいるから、その人と一緒になる。

その逆ではない。


August 15, 2006 08:46


大事なこと。
自分のSoul(魂)に従うこと。
誰のイケンにも左右されない、
"己の心の声"を聞くこと。

自分の人生で、何がしたいのか?
絵が描きたいのか?
世界を旅して周りたいのか?
遺跡発掘がしたいのか?
スキューバのコーチとして働きたいのか?
ボクサーになりたいのか?
美容師になりたいのか?
教師になりたいのか?
NGOで働きたいのか?
シェフになりたいのか?
鍼灸師になりたいのか?
俳優になりたいのか?

生きていく道は、五万とある。
人がいる分、それだけ、「違う」道がある。

"起業する"
"ビジネスマンとして儲ける"
"商社で働く"
こればかりが、人生じゃねえし、
どの道が、どの道より"いい"なんてのもない。

大事なのは、その人が、
どの道に一番、
"合っている"と感じるか。

これにまず時間を割け。
"どこで働けるか"を考える前に。
"どうやって生きて行きたいのか"を明確にさせるんだ。
これをハッキリさせずに生きていくと、
必ず、
"心の不満"を持ったまま、
一生過ごすことになる。
どこかで文句を言いながら。

その"自分の道"をハッキリさせることは、
自分の心とトコトン話すこと。
それをするために、どこか全然違う国へ行くのもいい。
一ヶ月、ネット、ケータイ、
全てから離れるのもいい。
「日本の常識」の中で生きていくことだけが、
人生ではない。

これは、物理的に自分の体を、
日本から外へ出さないと、難しい。
現にあれだけ、旅の途中、
Free Idea(自由な発想)が沢山出てきた俺が、
今は全く、出てこないんだから。
何故なら日本は、distraction(騒音)が多すぎ。
ウザいTV、広告、
ケータイの絶え間ない攻撃。
E-mail。

"一人になって、自分の心と対話する時間。
 ゆっくりと、静かに"
が、中々取りにくい。
それをしていると、ケータイがなる。
"早く電話出ろよ!!"
"早くメール返せよ!"

おいおい、ちょっと待てよ。
世界はお前一人のペースで周ってはいないんだ。
全ての人に、その人のペースというものがある。
同じように、
全ての人に、その人が望む道というものもあり、
それは、人によって違うんだ。
それを、"自分の考え"に押し付けようとするのは良くない。
自分が"ビジネス"がいいと思うから、そこに皆を押し付けるのはよくない。
自分が"日本で働くことが普通"と思うから、日本の常識に皆を押し付けるのはよくない。
みんな、一人一人、"人生"の見方、価値観、過ごし方は違うんだ。
それを、まず理解することだ。
"その人が望むからといって、自分もそれを望むとは限らないし、
自分がそれを望むからといって、その人もそれを望むとは限らない。"

まずは、"自分と他人との境界線"を、しっかりと引くんだ。
そして、そこから、己の心と、ジックリと対話しろ。
自分の心が、人生で、本当に何を求めているのか。
何を、自分の命をかけてしたいのか。
何が好きなのか。
何をしている時に、自分は一番輝くのか。
何が、自分を一番、"幸せ"にさせるのか。

それを、まず自分がよく知ることだ。
それが出来たとき、初めて、
自分の本当にしたいことが見えてくる。
まずは、己のSoul-魂に従うことだ。

己のSoulに、嘘をつくな。


August 14, 2006 13:50


何事も、どんなことでも、必ず、
+と−の面がある。
そして、一つところにいる限り、
そのマイナス面しか見えてこないものだ。
日本にいると、日本の良さが見えない。
悪さばかりが見える。

ホームレスが、家がある人より絶対に不幸と思うか?
彼らは住宅税を払わなくて良い。
一生その家のローンに縛られることはないんだ。
物乞いが、絶対的に不幸か?
彼らは、働かないのに、金をもらっている。

皆、必ず、程度の差はあれ、
ある程度は、その人の成すことと、得るものの差は、
相反するものだ。

日本は、土地の狭さ、自然の少なさ、
自由のなさの代わりに、
素晴らしいサービス、快適感、おいしい料理がある。
カンボジアは、国が整ってこそいないが、
素晴らしい、大自然がある。
そして、自由がある。

どこへ行こうが、必ず、プラスとマイナスがあるのだ。
そして、外へ出ることは、己が今までいた場所、環境の、
プラスの面を知ること。
家族から離れ、初めて、その有難さ、
ラクさが分かる。
一緒にいると、干渉されることばかりが目に付くのに。

要は、自分が、何に一番重きを置くか。
そして、そのプラス面が、一番ある道を選べばいい。
ただし、プラスがでかいほど、マイナスもでかいことを忘れるな。
光る部分が多い道には、それだけ影が深く付く。
そして、人は死ぬ直前、やっと、
「生きること」の、本当の良さが見える。


他人は、自分のプラスの面、光っている面しか見ようとしない。
人というものは、他人の、「陽」の部分しか見えないのだ。
そういうものだ。

この世で、他の人とは違うだけの見返りを受けていくには、
それだけの覚悟が必要である。
他人には見えない、「陰」のサイド。
それを受け入れることができるか。
それだけの器量があるか。

そこなんだ。




"Accept Everything As It Is"

"ものごとを、それがあるがまま捉える。受け入れる。"

常に、どんな状況でもたじろがない。
ひるまない。焦らない。

常に、平常心。
Accept as it is.
"そのまま"を全て受け入れる。
何故なら、全ては、
そうなる様に、なっている。
そして、なる。
そして、なって行く。

物事に動じない。
誰が目の前に現れても、態度を変えない。
俺の気持ちは変わらない。
全ては、「己が、どう捉えるか」なのだ。

感情の起伏は、全て、
己の捉え方一つにかかっている。




*自分の肌の「感覚」に従うこと。

*「ケモノ」としての、直感を使うこと。
 常に、敏感に、感覚を研ぎ澄ますこと。

*頭で考えるのではなく、「感じる」こと。
 Feel it.
 Not, see it.

*心が嫌っていたら、しないこと。
 心が素直に思う方へ、行くこと。

*もし「嫌な感じ」が少しでもしたら、
 その決断にしないこと。
      ↓
 一度離れて、よく考える(己の心と話す)時間をとること。

*周りの人の意見に、その時の決断を左右されないこと。
 少しでも「迷い」が出たのなら、
 必ず、
 一度そこから離れ、
 「自分の心」とだけ、
 じっくりと話してみること。

 そうすると、全てスッキリと見えてくる。
 何が必要なのか。
 何が大事なのか。
 そして、
 自分の「心」は、
 「何」を、欲しがっているのか。


*そして、
 常に、最後は、「自分」で、
 決断することだ。

(人の意見に、頼らないことだ)


Archives
記事検索