June 10, 2019 19:28

Motivation


それをやるモチベーションはどこから生まれるか。

待遇、
働く環境、
やる内容にもともと興味があるか、
自分の目指す像がそこにあるか、
その業界が好きなのか、
お金が良いからどんな条件でも満足できるのか、
お金はプライオリティじゃなくて、やる内容が大事なのか、
お金もそこそこ大事だけど、やる内容と、働く環境が大事なのか、



人間関係は、外部的要因だから、選べない。
そこを基軸にすると、毎回条件は変わるから、揺らぐ。

働く環境や、条件、給料を基軸にすると、
何か辛いことがあったときに、
「この環境だから」
「これだけもらってるから」
が自分への言い聞かせとなるが、
その環境、条件、給与に慣れてしまうと、
もはや、それが当たり前になり、
それ以上のモチベーションは生まれない。
ならば、更なる高待遇を求め、また転職するか。


やる内容に基軸を置く。
それが、一番、確実なのかもしれない。
仕事は、毎日やることの積み重ねだから。

しかし、やる内容に興味が無いとする。
興味が出るように、自分で工夫しても、
もう、限界だったとする。

とすると、そこで仕事をしている事、
今勤めている会社も、もはや全てテンポラリーと考え、
常に自分は、自分が求める理想像を追求する為に、
今の会社、今の仕事を、テンポラリーで、使っている、選んでいる、
そう捉えるしか無い。

その為には、自分が求める理想像、
自分のプライオリティ、
自分は何に価値を置くかを、
常に自分が分かっていないといけないのだが、
そうするしか、俺が社会人でやっていく方法は、無い。

会社に合わせるとか、
会社の文化に合わせるとか、
会社の伝統に合わせるとか、
会社のやり方に合わせるとか、
マジでできないから。



・・・・・・・


俺の基準は、かっこいい自分でいつもいる事。
かっこいい自分とは何か。

「仕事ができる」とか、そういうのに憧れたこともあったけど、それにはもう興味ない。
仕事ができるかどうかなんて、他人の基準だから。

それよりも、
自分がいかに毎日いい気分でいられるか。
いかに、人に指図されないか。
自分のペースを崩されないか。
アタマの悪い人間に命令されないか。
理不尽な事をしなくていいか。
イミのない事をしなくていいか。
自分が毎日、成長してると感じられるか。


…そうか、ここまで書いてて気づいたけど、
俺って、今の会社、というか、今の仕事において、
自分が「成長してる」と感じられない事。
それが、一番、モチベーションが上がらない理由なんだろね。

成長してると言っても、人によって要素は違うけど、
例えば、俺の今の若い上司なんかは、
英語力を上げる事、英語で発表できるようになる事とかが、モチベーションらしいけど、
それは俺はもうどうでも良いし。

だから、表面的な仕事をする事が、嫌なんだろうね。
右から来たら、左に流す。
客から来た依頼は、全て本社に流す。
何かを言われても、本社が、上がこう言ってるんで…と受け流す。
商社を、販売店と呼んで、バカにする。
その割には、自分たちには、人間力はない。
 


この、どうしようもない、中身の無さに、
この、生理的嫌悪感を感じるんだろうか。


2019.06.10























Archives
記事検索