February 28, 2015

「本気になればすべてが変わる―生きる技術をみがく70のヒント」松岡 修造

923


松岡修造の本です。

彼のことは、正直数年前まではバカにしていましたが(すみません)
最近はすごくハマっています。
むしろ、この人から最近は一番パワーをもらっている気がする。

この本の中に、
「良いところに目を向けて、自分を褒める」
という箇所があります。

彼は昔、ボレーがうまくなくて、よく失敗していたということ。
でも、失敗するたびに落ち込むのではなく、
ボレーを打つたびに、失敗してもいいから、
「ナイスプレー、修造!」とコートで一人で叫んでいたという。

それを聞いて観客は笑っていたそうですが、
それを続けるうちに、次第にボレーが決まるようになり、
最終的には5割以上が決まるようになったと。
そこまでくれば、上手いのレベルに達したことになります。

そんな風に彼は、
「人は、誰かから褒められると嬉しくてやる気が出るもの。
ならば、誰も褒めてくれないのならば
自分で自分を褒めてしまえばいい」と。

そうやって、声に出して、
ひたすらストイックにやる彼。

彼というのは、とても頭のいい人だと思います。
むしろ、バカ正直とかそういうひとではなく、
よく考えて、自分で納得した上で、
それを考えて実行している。
一見バカに見せているけれど、実はよく計算していて、
駆け引きの上手い人だと思います。

彼のすごいところは、とにかく、「まっすぐなところ」。
そして、「素直なところ」。

これを続けれられる人は、本当に真の強い、
よくできた人間だと思います。

*****

僕も、彼のそんなところを見習って生きていきたいと思います。

2015/2/28 1:06am




shunsukesekine at 01:06コメント(0)トラックバック(0) 
本 Review |  自己啓発

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索