January 26, 2015

"Sin City: A Dame to Kill For"

sin-city-a-dame-to-kill-for-poster-jessica-alba

邦題は『シン・シティ 復讐の女神』。
昨日観てきました。

この映画は、第1作目は2005年公開。
当時いたサンノゼの映画館で観ました。

それから10年。やっと続編の公開です。

アメリカでは昨年の8月公開で、日本ではいつかとずっと首を長くして待っていました。

昨日夜7:30の回に1人で行ったら、俺以外は同じ様な男性のお客さんが他に三人しかいなかった。よって劇場はガラガラでした。
3Dで観ました。

*****

映画が始まってすぐに、
「ああ、観に来てよかったな」と思いました。
前作と同じ、マーヴのノリ。
出てくる登場人物がみんなハードボイルド過ぎて、ギャグなのが笑えます。
そのハードボイルドさを、モノクロの世界であくまでもストイックに表現しているその姿勢が、
観ているこっちを震えさせます。

sin-city-a-dame-to-kill-for-poster-mickey-rourke


*****

個人的には、ジョニーを演じた
ジョゼフ・ゴードン=レヴィットのエピソードが好きでした。
カードを片手で切り、プレイヤーに見事に配る彼。
一度は街を牛耳る上院議員のロアークにボコボコにされ、右手の指を折られるも、
再度彼に挑戦をした際、
「利き手が使えなくて残念だったな」と言われたロアークに向かって、
「俺は両利きなんでね」と答え、左手で同じように難なくカードを配る。
そういう、ユーモアのセンスが好きです。

sin-city-a-dame-to-kill-for-poster-joseph-gordon-levitt


*****

あとは、エヴァ・ロードを演じたエヴァ・グリーンの演技。

どこまでも男を騙し虜にする魔性の女を、見事に演じていました。
こういう女って怖いなと思いました。

sc-eva-poster640


*****

映画としては、やはり一作目に比べると、盛り上がりは欠けたと思いますが、
「続編」として見るには、とても良くできていたと思います。

また、通常二時間近くの映画は、自分は途中で決まって飽きてしまいますが、
この映画は、4本の話を細切れに入れてくれるので、
集中力も途切れず、最後まで飽きずに楽しめました。

全体的に、とても満足な出来でした。映画館で観られて良かった。

2015/1/26. 18:56



PS.
あと個人的には、
挿入歌の"Skin City"をSteven Tylerが歌っていたのが嬉しかった。
この曲はちなみに監督のロバート・ロドリゲスが作ったらしいです。

監督もやって音楽も作るなんて、すごいですね。


ちなみに下のミホ役も敵をズバズバ切っていて見ていて気持ちよかった。
おそらくこの映画の中で一番強いんじゃないでしょうか。
sin-city-2-miho-jamie-chung-poster


shunsukesekine at 19:03コメント(0)トラックバック(0) 
映画 Review 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索