December 30, 2014

2014年→2015年

2014/12/30 23:15-

さて、今年もあと1日で終わりです。
今年は、「仕事」という年でした。
海外出張は相変わらず沢山行ったし、
(カナダに3回、インドに2回、パリに1回、ブラジルに1回、アメリカは4回)
その他は、国内出張も結構あり、
全部で合計すると、3ヶ月近くは出張で家を出ていた。

その他、先輩が5月頃やめたこともあり、
仕事量も増えて、とてもストレスフルな日々を、
5月末から11月頭まで過ごしました。
この半年間は、本当に頑張ったと思う。

何しろ、日記をここに書こうとすると、
不満と文句しか出てこなかったからね。
そんなこともあって、なかなか日記を書く気にもなれませんでした。

(俺に何か問題がある時は、
決まって、ここに日記を書く回数が一気に減る。)

*****

そんなわけで、
今は、後輩も一人新しく入り、
彼も普通に仕事をこなしてくれるので、
俺に全て回ってきていた仕事も、だいぶ彼が引き継いでくれ、
自分の仕事量も適量になってきて、自分の心の精神状態も
だいぶ良くなりました。

後になって思うと、
あの時は、精神的にも、体力的にも、
本当にギリギリのところでやっていたんだなあ、と思います。

*****

妻には相変わらず、
仕事や人間関係の文句や愚痴を聞いてもらい、
相談に乗ってもらって、感謝しています。
彼女なしでは、乗り越えられない部分も多々あったでしょう。

*****

今年は31歳を迎えました。
来年、2015年は32歳になります。
もう、これくらいの歳になってくると、
あんまり、歳を気にしなくなってくるね。
もう、40歳も、ほぼ同じじゃないか?と。
50歳まで、あとたった20年だもんね。
つくづく、人生は、
10代の頃に思い描いていたほど長いものではなかったんだな、
ということを、良く感じます。
本当に、気を抜いたら、あっという間に60代だと思います。

だからこそ、日々、マンネリ化する毎日を、
いかに、意識して、新しいものを取り入れたり、
新しい考えをしてみたり、
新しい音楽を聞いたり、本を読んだりと、
自分を意識して変えていかなきゃ、つまらない人生になってしまうな、と感じます。

それと、もう30代だから、とか、
結婚したから、とか、
変な縛りを持って、自分の人生を自らつまらないものにしないこと。

大きな夢があれば、それを追いかければいいし、
なければ、少なくとも、自分がそれを達成することで気持ちいいと感じられる目標。
そういったものを作り、日々、それをこなしていくことだと思います。

そういう、日々の「成長」を常に感じていないと、
あっという間に、老けてしまうのでしょう。

*****

来年は32歳の歳。
中途半端になっているポルトガル語を含め、
来年は、今年停滞した分、
一気に成長できるよう、視点を変えて人生にあたっていきたいと思います。

2014/12/30 23:36


追記:
ちなみに、下記は今年頭に立てた2014年の目標。
すっかり忘れていましたが、今日記を見返して知りました。

************
1、健康第一。体をいつも健康に。そして、鍛える。
2、仕事は、毎日無理なく働き、自分の担当分野を極める。上司なしで海外営業中の会議も回せる様になる。
3、ポルトガル語の上達。一般会話はマスター。
4、休みの日は、妻と楽しく過ごす。幸せな家庭を築く。
************

1は、まあまあ。鍛える事ができなかったな。2015年はしっかり鍛えたいと思う。今はちょっと痩せすぎで体力も無いしね。

2は、自分の担当分野は極め、海外営業中の会議を回すことも無理なくできるようになりました。しかし、ちょっと半年間は無理して働きすぎたかな。何度妻に、「そんなに真剣になりすぎないで」と注意されたか。俺の性格は真面目になんでも捉えすぎるので、人よりストレスを溜めすぎることが問題です。でも、そんな自分も受け入れた上で、そんな自分を「課題にする」という事が大事と、先日テレビで見た際に僧侶ある僧侶が言っていました。
2015年は、そんなわけで、真面目になりすぎる自分を受け入れつつ、もう少しバランスよくやることかな。人間関係を含めて。

3は、これは引き続きですね。一般会話もマスターしてないっす。毎週一回はレッスンに通うようにしなくちゃ。

4は、全ては俺次第ですね。俺が普段から仕事のことを引きずって、休みの日もそのことばっかり考えたりしているので、それによって妻も被害を受けたりしています。
先日妻から、「あなたはアメリカにいた頃から性格が変わった」と言われました。
当時は、「堂々として、気持ちのよい青年」だったのが、
今では、「細かい事が気になり、心に余裕のない中年」になったそうです。
仕事をして、責任感を持ち出したのもその理由だそうですが、
それよりも、もともとの性格が、小学校の教師に「重箱の隅を突くような性格」と言われた本来の自分に、ただ戻ってきてしまっているようです。
真面目で、細かい自分も、アメリカにいくことで、
いい意味で適当になり、小さなことを気にしなくなった。
それが、また日本に戻り、「日本人」になってきたようです。

そんなわけで、最近は随分と前にもまして頑固になったというか、
細かいなあ、われながら嫌な奴だなあ、と感じる事が多くなりました。
いやですね、こういうの。

そんなわけで、2015年は、もう少し適当になり、
「気持ちの良い」男性になりたいと思います。

以上。


shunsukesekine at 23:26コメント(0)トラックバック(0) 
My Life-人生 | My Work-仕事

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索