September 27, 2014

"Guardians of the Galaxy"

GOTG-poster

邦題『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
全米2014年8月1日、
日本2014年9月13日公開。

公開当初にLong Beachのさやかさんとスティーブが
かなりこの映画を絶賛していたので、
気になっていました。

日本では全く宣伝に力を入れておらず、
いつから公開したのかも知りませんでした。
昨日観に行ってきました。

*****

映画が始まって最初の方では、
設定も良く分からないし、
話の背景も分からないし、
何が何だか分かりませんでしたが、
途中から一気にハマりました。

映像もかなりよく出来ていましたが、
台詞回しがとても面白かったです。

音楽も良いし、ユーモアのセンスも良い。

ロケットことアライグマを演じたブラッドレイ・クーパーはとても良い演技をしていました。
先日読んだNewweekの書評では、「彼は今までの演技人生で一番いい演技を見せた」と書いてありましたが、本当だと思います。
(ちなみにFort Jonesに住むリエンの友達の甥っ子が、彼に当たるらしい。この前7月末にアメリカで彼女に会った際に、「私はその俳優の演技を見たことないんだけど、今度見てみようかしら」と言っていたので、「今回の映画は声だけしか出ていないと思うよ」と言ったら「あら」と言っていた。)

それから、彼の相棒のグルート役のヴィン・ディーゼルも良い演技をしていました。

*****

日本では、広告に力を入れる映画と入れない映画の差が激しすぎます。
近い将来公開される「猿の惑星」はものすごく宣伝に力を入れているのに、
この映画の存在はほぼ無いも同然。
しかし、実際はとても良い映画でした。

日本でもぜひ、もっと多種多様なアメリカの映画を入れて行って欲しいと思います。

2014/9/28 23:16



追記:
ちなみにヨンドゥが持っていたあの口笛で飛ぶミサイルみたいなやつ、
あれを持ってれば結構無敵じゃないのかなあと思った。

そしてガモーラ役のゾーイ・サルダナはとてもホットでした。
スタイルが良かったなあ。コスチュームがとても似合っていた。

そして、極めつけはケヴィンベーコン。
やっぱり彼の存在感はすごいですね。
名前が出るだけで、存在感が半端ないという。




shunsukesekine at 19:00コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索