July 30, 2014 18:00

「謝ること。感謝すること。」

2014/7/30 Wed 18:02-

今、飛行機の中。
さっき17:05の便が、少し遅れて出発した。
今はLAXに向かっている。

*****

LA行きは実に6年ぶりとなる。
前回LAにいたのは、留学を終えるとき。
2008年の4月30日に帰ってきた。

それから、6年が経った。

今回は、仕事の一環で行くわけだけど、
週末が挟まれるように予定を立てたので、6年ぶりに、
McArthurに住むロイの家族や、今はReddingに住むサンディやハナにも会いに行ける。
LAでは二泊するので、一日目はLiとその家族に会って、
二日目はさやかさんやスティーブに会う予定。
本当に楽しみ。

*****

今朝、朝食を取りながら思ってたけど、
丁度、俺が留学をする最初の年は、
2002年の夏で、7月28日辺りに日本を経ったはず。
そのときはSFO経由のRedding行きの便に乗ったんだけど、
今回は、LAX行きとは言えど、
それから12年後のほぼ同じ日付である、7月30日に、
こうして、LA行きの便で、今度はビジネスとして行くなんて、
18歳の時の俺は、自分が30歳でこうするなんて、
想像もつかなかったなあ、と、少し不思議に感じた。

*****

最近は日記を書いていなかった。
前回の出張は、6月半ばに出て、北米(東海岸)とカナダ、
プエルトリコを回った二週間の出張だった。
6月30日に帰ってきて、それから丁度一ヶ月。
前回の出張に行くときも飛行機の中でこうして日記を書いていたけど、
その時は、心の洗濯ができればなあ、なんて書いていた。
その出張を通して。

ところがどっこい。
何回かここにも書いたけど、5月末で急遽辞めていった先輩の仕事が、
どさっと自分に回ってきたもんで、
出張中は、朝は4時に起きて、
メールチェックを1時間して、
国内線の便に乗り、
そのあとは顧客を訪問、協議を1時間行い、
それからホテルへ向かい、
やっと夕方から夜にかけてホテルに付き、
食事を取る暇もほぼなく、溜まったメール対応を深夜までする・・・

土日も、NYにいるにも関わらず、
朝の5時半に起きて、6時から12時まで、6時間ずつ、
夜も2時間ずつメール対応をして、
それでも、色々と日本にいる上司や先輩から依頼がきて・・・
という日々で、もう本当に、発狂した。
夜中にシャワーを浴びながら、「うわあああーー!!」ってでかい声で叫んでいた。
そして、上司にメールを打った。
「自分が恵まれた環境に置かれているのは重々承知しておりますが、
この仕事量は、一般的なものでしょうか。
自分の力量が足りていないせいも多々あるかと思いますが、
正直言ってキャパオーバーです」と。

それでも、現在本社で研修を受けている後輩が10月に帰って来たら、
そのタイミングで人事を再度考える予定なので、
それまで待ってくれと、軽く流される。
つまり今は、元々3人で分けていた世界の海外顧客を、
今は課長と俺の二人で分けているということ。
つい1年半前までは、台湾だけで一人が担当し、
アメリカも一人、
インドはまた別に一人(その人は韓国と国内も持っていたが)でやっていたのに、
何故か今は、俺が一人でアメリカ、インド、そして台湾に加え、
南米の開拓まで任されている。

どんだけ期待してんですか、という話だが、
まあ、さすがの俺も、ずっと黙ってやってきたけど、
流石にこの5月くらいから余りにも仕事が多くて、
5月、6月、7月の3ヶ月は、
本当に、ギリギリのところでやって来たと思う。
(その度に、家に帰ってから妻に話をして、
妻は色々と話を聞いてくれ、アドバイスをくれ、励まされた。
本当に、彼女なくしては、俺は正気を保ちながら仕事ができなかったと思う。
感謝しております。)

そして、今日からまた出張なわけで、
今日に合わせて、昨日まで、かなり今詰めて仕事をしてきたけれども、
この数ヶ月で、俺も随分と、耐久性と仕事のスピード、
その他諸々が上がった気がする。

先日妻に聞かれたけれど、これでも、前の仕事(前職)とどっちが大変?と聞かれて、
迷わず、「前職」と答えた。

それほど、前の仕事は、そりゃあ喜びも大きかったけれど、
やっぱり、日々のストレスや、長時間労働の大変さは大きかった気がする。
今は正直、B to Bだし、
B to Cに比べたら、B to Bは本当に楽だと思う。
どう転んだって、自分の失敗が、
自分だけの責任になることはないからね。
でも、前の会社では、自分の失敗=上司の責任ではなくて、
全て自分の責任であり、
そのせいで、随分と詰められた事が多かった。

よって、その時と比べるとまだ今の方が楽であり、
かつ、今の仕事は、一日絶対一件を取ってくる、というものではなく、
あくまでも顧客とのレスポンスがメインで、
俺がする内容は、見積もりを聞かれたら答えたり、
品質関係の質問を受けたら、社内の責任部署に流したり、
数ヶ月に一回出張に行き、顧客と話してそれを本社へ流したり、
たまに日本に来る顧客の接待をしたりと、
はっきり言って、ものすごく頭を使う仕事でもないし、
適当にヘラヘラやっていても、なんとか回るような仕事である。

(そんなわけで、俺の先輩には、
あまり仕事をせず、日中から業界新聞をじーっくり時間をかけて読んだり、
やたらと休憩に立って、15分ほど帰ってこなかったり、
無意識に鼻くそや耳くそをほじったり、
午後になると「睡魔が襲ってきた」と言って伸びをしたり(ちなみに俺は一度も眠くなったことがない。眠くなってる暇なんてマジでないほどメールがガンガン来るから)、
そんな風にしてるのに、
もう5時前になると、「今日のルーム#は?」とお互いに確認しあって、
6時にはきっかり出て、麻雀をしに行くという始末。
これはちなみに国内営業の先輩たち。)

横目で見ながら、
どう考えても、仕事量に差があるのでは?と思えて仕方がなく、
そこにイラついたり、
それの前に、まずは引き継ぎを全くせずに去っていき、
そのしわ寄せが全て残された俺に来ている状態を見て、
その先輩に腹が立ったり、
なかなか仕事ができるようにならない後輩に頭にきたり、と。。。
つまり、この数ヶ月は、
誰か、周りの誰かにいつも腹を立てて仕事をしているような日々だった。
本当に。

******

でも、先週くらいに、
やっと、その状態から頭が抜け出た。

それまでは、妻には、
今の状態をどう考えるべきか、
どうするべきかを何回も言われてたけど、
でも、なかなかそれができなかったんだけど、
今は、やっとそれができるようになった。

それは、もう、そういうレベルでは物事を考えないということ。
明らかにどう見ても相手の方が仕事量が少なかったら、
その人にはそれしか仕事が回ってこないんだ、というのを知って、
可哀想に思う。
逆に、それだけ周りから期待されて仕事を回してもらっている自分の状態に感謝する。

妻も言ってたけど、一番悲惨なのは、
誰にも仕事を回してもらえず、
やることがない事だから。
そりゃあ、暇だったら、午後になったら誰だって眠くなりますよ。
本当はもう仕事がないけれど、
上司が残っているから、
とりあえず6時半まではいようと決めて、
やる事がないから、業界新聞を読んだり、
後輩にいちいち口出ししたりしますよ。

でも俺は幸いなことに、そんなことを考える暇もないほど、
マジで嬉しいほどに、日中は台湾、インドなどからメールと電話がじゃんじゃん来て、
夜中の間に、北米や南米からメールがガンガンくるもんで、
そして、常に横からは後輩が質問してくるし、
上司も二人ほど、いつも聞いてくるもんで、
最初は本当に、全く自分の仕事が進まずに、マジでどうしようもなかったけど、
今は、短時間で集中して仕事をスパッと終わらせられるようになった。

*****

そして、一番大事なのは、
先週末にアナザースカイに出ていた少女時代のメンバーの一人が言ってたけど、
大事なのは、
「謝ること。感謝すること。」

どちらも、「謝」という字が入っていることにその時気づいたが、
大事なのは、決して、おごり高ぶらず、
自分の今いる環境を当たり前と思わず、
自分を偉いと思わず、
他人と自分を比べて、他人を馬鹿にせず、
常に、謙遜する気持ちを持つこと。


上に、最近の俺の状況を書いていて思ったが、
そして、最近は自分のことを客観的に考えておもっていたが、
最近の俺は、なんて嫌なやつだったんだろう、と感じていた。

いくら忙しいからと言って、
常にピリピリして、
決して口には出さずとも、俺はすぐに顔に出るから、
いつも眉間にシワを寄せて、嫌な顔をして、
キーボードをガチガチ叩いていたと思う。

5月から、6月、7月と、
我ながら、嫌だなあ、と思いつつも、
どうしてもその状況から抜け出せなかった。

抜け出すには、ぽわーんとしている皆さんと同じくらい、
俺も、日中から仕事もせずにブラブラしていればよかったのかもしれないが、
そんなことすると、一気に仕事は溜まるわけで、
そこのバランスが本当に難しかった。

でも今は、上に書いたとおり、
そんな状態が続いていたので、
どうにかして、短い時間でスパッと全てを行う事ができるようになった。
(それは、全てのやり方を覚えた、ということになると思う)

******


とにかく、
この3ヶ月ほどは、本当に辛かったが、
やっと、一線を超えられた気がする。

そして、確実に自分は成長をしていると思う。

*****

今日もこうして、ビジネスクラスでANAに乗れることを、当たり前と思わず。

色々な美味しい食事を頂けて、
良いサービスを受けられる事を、当たり前と思わず。

海外営業をあれほどしたくて、
やっとこの仕事につけて、
今では、かつて夢にまで見た、世界中を回る、という夢を叶えているのに、
この状態を当たり前と思い、「出張ばかり」なんて、不満ばかり言わないように。


人は、自分の「今」を当たり前と思うと、
すぐに傲慢になり、
人への感謝の気持ちを忘れ、
自分が、少しでも他人より偉いと思うと、
すぐに、「嫌な奴」に成り下がる。

最近の俺は、忙しさを理由に、
すげえ、「嫌な奴」になっていたと思う。

だから、俺自身が、自分を好きになれなかったから、
ブログも書けなかったと思う。

ここに言葉を書く事は、
自分の心と向き合うことだから。

自分の心と向き合うのが嫌な時は、
自分の今の状態を、客観的に見るのが嫌なときだから。

*****

謝ること。
感謝すること。

この二つを、忘れないようにしていこうと思う。

2014/7/30 18:47



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索