July 27, 2014 15:04

「中田英寿 誇り」 小松 成美

20090730G041

2007年6月オリジナル発行。

ベルマーレ平塚を出てから1998年にペルージャへ移籍した後、
2006年夏のW杯で引退をするまでの8年間に焦点を当てたもの。

・・・に、なるべき本だったらしいが、
そして、前作の『鼓動』を書いた同じ著者である小松氏に、
中田の事務所の代表者次原が、
「中田が海外に移籍してから今日までの8年間、どの様な人生を過ごしたのか。そこを後世に残す記録として書いて欲しい。中田の集大成を綴って欲しい」と、
中田の引退を次原が小松に告げたその日に次原から頼まれて、この本を書くに至ったという事だが、

実際の内容は、殆どが2006年のW杯を客観的に追いかけた小松氏の目線からの話となり、
8年間の海外での様子は殆ど書き綴られていない。

『鼓動』も今併せて読んでいるが、
そちらの方は、実際にその場にいなかった小松氏は、まるでそこに居合わせたかの様に当時の情景、様子を物語として描いている。よって、著者の存在を気にせず、中田という人間の動きを垣間みることが出来る。

しかし、本作は、どうしても著者の我が出過ぎてしまっているというか、
引退を告げられてからショックを受け、実際に中田が引退をするまでに自分がどれだけ心の整理が必要だったか、
自分は今までジャーナリストとして、どれだけ中田という人間に魅力され、追いかけてきたか、
そこを、押し付けがましくはないにしろ、読者に結果的に強要せざるを得ない形となっている所が残念。
読者としては、彼女がどれだけ中田と近しかっただろうが、そんなことは関係ない。
この本を読みたい理由は、彼女が如何に中田を理解しているか、では無くて、
「中田」という人間の人生記を読みたいのだから。

*****

それでも、中田という人間が、2006年ドイツW杯で、どの様な思いで戦っていたのか、
それを知るには良い本だと思う。
(ただ、この本が余りにも中田よりの意見すぎる、という声も少なくは無いが。)

*****

ちなみに、一番最後に名波浩の解説が数ページだけあるが、
彼の飾らず、純粋な文章が、
一番心に響いた。

2014/7/27 14:58



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索