February 27, 2014 06:12

北米出張2週間も終わり

2014/02/27 5:47 AM-

さて、今日でやっと北米出張も終わり。
数日前から体がだるくて、先週の終わりは、土曜日は一日中部屋で寝ていた。
一昨日はモントリオールに入ったんだけど、
気温が−10度くらいで寒くて、
夕方、上司と一緒に食事をしたあと、急に鼻水が止まらなくなってきた。
薬を飲んで、夜の8時から朝の6時まで寝たけど、
それでも治らず、結局その日のアポは、上司一人に行ってもらい、
俺は部屋で休んでいた。
鼻水を垂らしながら会うのも、相手に失礼だしね。

そして、そのまま昼の1時にモントリオール空港に向かい、
3時25分の便で、一日ぶりのNYに戻ってきた。
何しにモントリオールに行ったんだ、という感じだった。
(行きと帰りの飛行機のフライトアテンダントの女性が同じ人で、
帰りの便で彼女の顔を見て、「あ、同じ人だ」と思い
「How are you?」と言うと、
彼女も、「Wow, that was a quick turnaround!」と。
飛行機を去る時に、向こうが「Maybe I’ll see you tomorrow?」みたいな事を行ってくるので、「Probably」みたいなことを言いながら出てきた。)

昨日は夕方5時前にNYのLaGuardia空港に着き、
予約していたリモに迎えに来てもらう。
そのまま、今回初のステイとなる、
マンハッタンのホテルに泊まった。

ここは10thと57thの交差点にあるところで、
すぐ近くにはセントラルパークの南西の入口がある。
5番街にも数ブロックで歩いていけるけど、
昨日は気温がやはり−6度かなんかで、
恐らく体感温度は−10度くらいは行っていたと思う。
ビーニーを被り、かなり着込んで少し歩いたけど、
もうたまらなかった。
NYの人たちって、タフだなあと思う。
夏は湿度があってかなり暑いのに、冬は冬で、ものすごく寒くなる。
カリフォルニアとは大違いですね。

*****

それにしても、今回の出張は、結局半分は体調がすぐれなかったので、
とても体力的にきつかった。
もしかしたら熱がある気がする。体温計がないのでわからないけれど。

体調管理は本当に大事だと思う。
俺の場合、先日インド出張に1週間行ったあと、
1週置いて、すぐにこの北米出張だったから、
疲れも溜まってたと思う。
結局出張は、日曜日に出て、土曜日に帰ってくる、ということが多いから、
休みもその分、削られてるし。

結局は、一緒に同行する上司がそれぞれ別になるので、
彼らはいいけれど、俺はタイトなスケジュールになっているので、
今後はうまく手回しをして、こういうことが無いようにしようと思う。
全く、体がボロボロになりますよ。

*****

昨日回って思ったけど、
NYというのは、本当にDiversityな街だなと思う。
人種も色々と混ざっているし、本当にいろんな人たちが働いている。
街も、色々な建物が所狭しと建っているから、
人口も凄い密集している。
昨日、近くにあるTime Warner Centerまで歩いて行ったら、
地下にWholefoodsがあったので、ああ懐かしいなと思って見に行った。
水だけ買おうとして、レジの方に向かうと、
ものすごい列。
恐らく、100人以上並んでいたと思う。
レジも10レーンくらいあるのに、
そのレジまでたどり着くまでに、更に列が、
食料品売り場まで伸びている。
あんな光景は、留学時代の西海岸では見たことがなかったので、
「え?これがアメリカ?」とびっくりした。

あとはちょっと話が戻るけど、
モントリオールを出る前に、前回(2013年の夏)の出張でも食べに行った
ヴェトナミーズのフォーのお店に行った。
ちょうど昼の12時過ぎに入ったんだけど、
ものすごい人で、店はもう満杯だった。

その中に、普通に、白人がたくさんいる。
みんなフランス語でボソボソ話しながら、
フォーをすすっていた。

店員はヴェトナミーズ、
お客は、白人、黒人、アジア人、ヒスパニックが混じっている。
それこそカリフォルニアでは、アジア系のお店に、
あんなに白人が大半を占めて占領する、という光景もないので、
その有様に、やっぱりビックリした。

そんな風に、カナダは、人種が混ざっている分、
それらの人種が、本当に溶け込んで、
余り、その文化の背景を気にせずに、
どの人種も、どんな文化にもすんなりと溶け込み、
お互いに受け入れている気がするけれど、
アメリカの場合には、やっぱり、人種同士のバリアが強いと思う。
だって、アジア系のお店に、ほぼ白人なんて、
余り見ないもんね。

それと、カナダは(モントリオールなどのケベック州は)、
フランス語も供用語なので、
大体みんな、フランス語を第一に話している。
でも、英語も普通に訛りなく話すし、
プラス、自分のバックグラウンドの言語も話すから、
バイリンガルは当たり前、
トリリンガルも普通、という感じである。
その辺も、カナダとアメリカの違いなんだろうなと思う。

*****

さて、そろそろ支度をする時間なので、出ます。
今日は昼の11時15分から、JFK→成田間、14時間のフライトである。
気が重いけど何とか乗り切ります。

2014/02/27 6:11AM





トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索