February 20, 2014 23:45

Working my ass off in New Jersey

2014/02/20 23:29-

さて、今日もやっと仕事が終わりました。
今はNJのホテル。今、日本海の呼び名で話題になっているFort Leeの近く。

今日は、朝6時に起きて、
8時半にホテルを出て、片道2時間半の、
NJの顧客の工場へ。
そこで、1時間商談を行い、
帰ってきたのは16時頃。
その後、今日はすごく疲れていたので、ちょっと20分寝るかと思って目覚ましをかけて寝たら、全く気づかず、
結局18時半前に上司からの携帯の電話の音で目が覚めた。
そこから今日のレポートを急ぎで書いたり、
あとは、日本や海外からのメールのやり取りをやりだして、
終わったのがさっき、23時半。
実に、メールのやり取りや資料作成で5時間近くやってました。

*****

うちの会社の扱っているものは医薬品関係なので、
お客さんに一つ出す資料にしても、内容をしっかりと確認し、
かつ、俺の場合は担当が北米、インドなので、
それらの顧客のR&Dに対して、うちの会社のR&Dが日本語で答えた内容を、
一つ一つ英語に訳して出さなければならない。
それも、適当にさらっと訳すと専門用語なので間違っている可能性もあるから、
一つ一つ確認したりすると、かなり時間がかかる。
まあ、今は結構大変ですが、その内この分野も極めてエキスパートになってやる、
と考えてやれば、自分への投資と思って割り切れます。
しかしね、疲れるね。目が痛いぜ。

*****

昨日は、朝はIndianapolisで顧客と商談+ランチで、
そのあとは夕方の便でIndianapolisからNYのNewark空港へ飛んできた。

その前の日は、シカゴを昼の便で出て、
そこからIndianapolisへ飛んだ。

(日本を出たのは日曜日の昼。
同じ日の夕方にフランクフルトに着いて、
そのまま頭痛がしてたのですぐに寝て、夜中に一回起きて、
で、朝、街を1時間ほど散歩して、
昼にまた空港を出て、シカゴへ飛んだ(月曜日)。
そこで一泊して、翌日(火曜日)がシカゴ→Indianapolisというわけ。)


IndianapolisではJW Marriottに、その取引先の特別レートで泊まれたんだけど、
今まで泊まった中でもOne of the bestでした。
それを破格の値段で泊まれたんだから、よかった。
でも、夜ご飯を食べに、ホテルからスカイウォークで繋がっている通路を使って、
近くのモールまで歩いていったら、
片道20分以上かかった。遠すぎ。
途中にコンヴェンションセンターを通り抜けて行くんだけど、
その廊下がとにかく長すぎる。
あのサイズとか、日本じゃ有り得ないよね。
有楽町の東京国際フォーラムとか目じゃないです。
とにかく、アメリカは土地が余っているんだなあ、と感心する。
シカゴで泊まったintercontinentalも、
とにかく広い部屋だった。
ドアを開けてから、ベッドまでが広すぎ。
最初は感動するけれど、次第に、
「これって、ただ単に部屋の移動距離が増えるだけじゃん」ということに気づく。

そして、こういう部屋のサイズに完全に慣れて、
たまに日本のビジネスホテルに泊まると、その広さと狭さのギャップにたまげる。

*****

海外営業は、体力勝負です。
朝から晩まで、基本、移動か、メールか、資料作成か。
そして、時差ボケと戦わなければいけない。

時差はないものとして、もう時計をその現地についたら合わせて、
あとは何も考えないに越したことはない。

そして、英語なんてものは、「俺はうまいんだ」と信じきってでかい声で話せば、
いくらでもうまく話せるもので。

ネットを開いていると、英語のサイトの宣伝で、
「突き抜けた英語力をつけよう」とか言ってますけど、
結局は、思い込みと実践だと思います。あとは、
実際、発音とか余り関係ない。
英語力は別に突き抜けてなくてもいいから、
話す内容を熟知していれば、いいんですよ。
(それにしても、「突き抜けた英語力」って、変な表現だと思う。
語学に、突き抜けるも何もない気がする。)

****

随分皮肉っぽくなってるのは、疲れているからです。
もう寝ます。

2014/02/20 23:44



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索