February 08, 2014 13:24

「30℃のムンバイ→0℃で雪の日本→マイナス15℃のシカゴ」

2014/2/8 13:05-

今朝の8時半くらいに、成田空港に着きました。
今は、家です。
ムンバイは30℃くらいあったのに、
ここ千葉は雪が降っています。気温0℃。
マジで、海外営業というのは、
やる前はかっこいいな、と思っていたけど、
はっきり言って、ただの体力勝負ですね。
肉体労働です。
インド出張中も、本当に毎日忙しかった。
ろくにブログを書く時間もなかった。
毎日、朝早く起きて、飛行機に乗るか、車に乗るかで、
かなりの長い時間を乗り物の中か、空港の待ち時間に使い、
後は、顧客のところへ着いたら、
毎回必ずインディアンコーヒー(カフェラテのこと)かお茶を薦められ、
そこで、交渉術の長けたインド人と、やり合います。

インド人は、全ての場所がそういうわけではなく、
中には、友好的なお客さんもいますが、
大きい会社になればなるほど、結構態度が傲慢になったりもします。
(というか、今気づいたけど、商社を通しているエンドユーザーは、
大体どこも態度がデカいけど、
直接やり取りをしているところは、そうでもないな。)

インド人というのは、とにかく単刀直入に物事を言う。
そして、めちゃくちゃ早口です。
奴らはとにかく頭が良い。切れる。
頭の悪いインド人は、余り見た事がありません。

そして、英語が共通語であるから、英語を使うけれども、
訛りが酷いので、結構何言ってるか分かりません。
何回か聞き返して、「ああ、OK」という感じも多い。
まあ、慣れですけど。

*****

今回はちなみに、また9社くらいと商談をしたんだけど、
その内、バンガロールにあるB社と、
ムンバイにあるU社は、とても対応が良くて良かった。

B社は、かなりデカい会社。
ここは前回の出張の時にも日記に書いたけれど、
ボスを始めとして、チームのみんなが頭がよく、
利発的な感じが表れている。
こんな人間たちの中だったら、一緒に働いても悪く無いかな、と思える。

しかし、上に書いた様な、
態度が悪い会社は、本当にヒドい。

一つ、世界的に有名な大きい会社があるけれど、
ここの購買部門の人間なんかは、そりゃあ酷いもんです。
インド人は基本的に、商談中でも、
自分の携帯に電話がかかってきたら、目の前のお客さんをそっちのけにして、
電話に出るのが当たり前。(これは前回目の当たりにしてマジでビックリした)

それでも、モラルがある人たちなら、
「Excuse me」とすまなさそうに言って電話に出るけれど、
そうじゃない人は、本当になめとんのかお前、と言いたくなるような態度で出る。

話がずれましたが、
もう一つのU社も、とても対応がよく、素晴らしい。
ここは、そんなに大きくはないけれど、
実際は、売り上げは300億、純利益は50〜60億くらいある会社。
ここが作るAPIや製薬を、実際に日本の大手企業が購入していたりする。

そんなわけで、この会社はとても売り上げもあり、潤っているのですが、
社員も余裕があるというか、マナーが行き届いている。

色々な会社を訪問して思うのは、
やっぱり、会社によって人のカラーは出るということ。

洗練された人がいる会社は、みんなやっぱり、態度もきちんとしているし、
マナーがなっている。

しかし、適当な担当者がいる会社は、
他の社員の態度もぞんざいだったりする。

結局は、会社とは、人の集まりであり、
その会社の上の人間、周りの人間が、
お互いにどう、周りを影響していくか、
周りにどう影響されるか。
そこなんだと思う。

*****

さて、今回は日曜日の夜にムンバイに着き、
月曜日はムンバイで一社(片道車で3〜4時間、合計7時間の車移動)
火曜もムンバイで二社(この日は片道1〜2時間なので悪くない)
水曜は4時起きで移動し、ハイデラバード、
ここで三社と商談。
この日の夜10時のフライトでバンガロールへ飛び、
ホテルに着いたのは夜中の1時前。

木曜日は朝からバンガロールで一社と商談、
その後一緒にお客さんとランチを食べ、
夕方のフライトでムンバイへ。

金曜日は11時から一社、
そして、午後にもう一社と商談。

そして、6時前にホテルを出て、
9時の便で、成田へ。

今回は本当に疲れた。
毎日、スキマ時間を見つけてレポートを書き、
かつ、通常の顧客とのレスボンスも行う。

海外出張中は、朝から夜寝るまで、
ほぼ、仕事に縛られているようなもんです。

まあ、段々と分かってきたから、あとは自分の裁量で回せる様になって来ると、
もうちょっとラクに、かつ楽しくできるんだろうけどね。

*****

来週の日曜からはフランクフルト経由でアメリカ、カナダへ行きます。
シカゴはマイナス15度らしいですが、
マイナス30度にだけはなりませんように。

2014/2/8 13:23





トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索