February 05, 2014 00:44

「2002〜2008、2008〜2014」


2014/02/05 0:19-

今はムンバイのホテル。Holiday Inn.
明日の朝は4時半起きで、もう寝ないとやばいんだけど、
なぜか眠れないので、
で、
さっき、色々と上のことを考え出したので、
少しここに書く。

(ちなみに、今はインド出張中。
日曜日の朝に日本を出て、13時間飛行機に乗って、
ムンバイに19時過ぎに着いた。
昨日は一社訪問、車で片道3時間、帰りは4時間、合計7時間以上車に。
今日は、近くで良かったけど、相変わらずムンバイの渋滞は凄まじいので、
少しの距離なのに、結局片道1時間以上車にいる。
もう、インド出張は、アメリカ出張のそれとは大違いで、
マジで疲れるぜ。)

*****


さて、本題だけど、
俺が留学を終えて日本に帰ってきてから、
丁度今年の夏で、6年が終わろうとしている。

俺が留学していたのは、
2002年の7月末から、2008年の5月末まで。丁度ほぼ6年。
で、
日本での生活が始まったのが2008年6月頭、
それから、今年2014年の5月末で、丁度6年となる。

*****

留学中の6年間は、すっと、なんでも思い出せる。
1年目はCollege of the Siskiyous (Weed)
2年目はDe Anza (San Jose)
4年目からは、CSULB (Long Beach)
で、5年目に卒業して、6年目は、
Long Beachに残って、今の妻(当時は彼女)と住んで、
俺はOPTでバイトを掛け持ちしていた。


その後、日本に帰ってきて、
1年目は、3ヶ月弱の就職活動と、5ヶ月間の一社目での勤務。
2年目から3年間は、二社目での仕事。
そして、5年目からは、今の会社での研修を一年行い、
6年目、去年からは、東京に移って、
こうして、海外営業部で働き出した。

*****

日本での生活は、毎日、日本の場合は、
毎日、同じ電車に乗り、
同じオフィスへ出勤し、
同じメンツと顔を合わせて、朝の9時から夕方の6時過ぎまで働き、
また電車に1時間乗って帰って、という毎日。
はっきり言って、単調なので、
だんだんと、飽きてくる。

しかし、こうして海外出張が入ると、
体力的には結構キツいので、正直ツライが、
しかし、違う国に行き、
この国の多様さを感じ、
自分を、というか、
普段、日本の中で暮らしている「自分」という存在を、
客観的に、離れて見ることができる。

そして、「ああ、俺は、日本の生活に慣れようとして、
6年が経ったんだなあ」と、思う。

留学当初、6年間、18歳から24歳までの思春期を過ごしたアメリカのそれから、
日本の文化に急に適合しようとすることは、
やっぱり、自分的にも、結構大変だったんだと思う。

日本は、周りに合わせて、
公共の場では、大きな声を出して騒がずに、
周りと同じ形で動く、
それが、求められる文化だから。

そんな中で過ごしていると、やっぱり、窮屈感を感じる。
その窮屈感は、次第になれていき、
それが「当たり前」となるのだが、
やはり、こうして海外にくると、
いかに、日本は、その「何か」に、みんなが縛られているかに、
気づく。

結局は、日本独自の、「恥を知れ」という文化と、
同時に、島国、というのがそうさせていると思うが。
(インドを始め、他の国と国境が隣接している国であれば、
他の国の人間もガンガン入ってくるので、
そんな風に、「俺たちは日本人だけさ。つまり、自分が「日本人」と意識をすることもなく、みんなが同じ、として、過ごしていけるのさ」
という事になることも、少ないと思う。)

*****

もう疲れたので、終わりにしたいんだけど、
つまり何が書きたかったかというと、
こういうことよりも、
俺が留学をした1年目に、Mt. Shastaで出会ったSandy一家のHannahなんかは、
当時は6歳だったのに、
俺がアメリカを去る頃には、12歳になっていて、
それだけでも、本当に時の流れることの速さにびっくりしていたのに、
今では、彼女も18歳なんだなあ、と。
(何しろ、俺が、日本に帰ってきたときの24歳から、
今では30歳になっちゃったんだから。)


俺が留学をしたのが、18歳で、
で、当時6歳だったHannahは、今では18歳。
12歳から18歳の6年間というのは、
人間としても、まさに思春期を通るので、
考えや人生に対する見方も色々と変わるだろうし、
小学6年生の子供から、
大学1年生の、立派な大人になるわけで。

そんな長い期間を、俺は、
アメリカに帰っていないんだなあ、と。
(去年から出張でアメリカに行くようにはなったが、
自分のいたカリフォルニアには一度も行けていない。)

俺は、この6年間で、
人間としては、24歳の頃から、
そんなに変わっていないと思うけど、
(ただ、落ち着いてきた、それぐらいの変化だと思うけれど)、

6年間会っていないHannahは、
この間に、もう、一人の違う人間へと成長して行ってしまったんだなあ、と。


そんなことを思うと、
なんだか、悲しいというか、
しまった、というか、
時の流れることの早さに、
自分の生活の拠点が、完全に日本にシフトチェンジしてしまい、
最初はそれに慣れなかったのに、
いつの間にか、それに慣れてしまっていることに、

そして、そうやって、いつの間にか、
日本での生活に慣れて、
このまま、40代、50代、60代を迎えて行くんだろうな、
と、毎日、日本での生活の中で漠然と考えている時に、

こうして、ふと、海外に来てみて、
日本以外の国のことに気づき、
(それは、体で気づく、ということ。頭ではなく)

そこで、初めて、
「あ、アメリカを去ってから、もう、6年も経ったのか!」ということを、
その、年月という数字ではなく、
誰かの年齢が変わったことを基に、
その年月の長さに気づくとき、


なんだか、言葉にできない、
人生の早さというか、
儚さというか、

時が過ぎ去っていくことに対する、怖さというか、


そういったものを、ふと、
感じるんだなあ。



******


真夜中は、基本的に、
人間は、感傷的になります。

あと4時間弱で起きなきゃいけないので、
もう寝ます。

そして、今年こそは、
妻と一緒に、アメリカ(もちろんカリフォルニア)に、
古き友人たちを訪ねに、
行きたいと思う。


俺は、昔の友人たちに会った時、
泣くんじゃないか。


2014/02/05 0:43





トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索