November 21, 2013 21:17

"R.I.P.D."

RIPD_poster


邦題は『ゴースト・エージェント/R.I.P.D.』。
全米公開2013年7月19日。
日本公開2013年10月18日。
飛行機の中で観ました。
今年の夏に北米出張に行った際に、NYマンハッタンのビルの2面を大きく使って、映像で宣伝していたので、結構気になっていた。

*****

かなり面白かったです。
自分としては、ここ最近で見たアクション映画の中で一番面白かった。
“G.I. Joe: Retaliation”、”ダイハード5”、"Kick-Ass 2"、”White House Down”、"Pacific Rim"、“The Wolverine”等色々見たけれど、この夏に公開されたアクション映画の中では一番面白かったんじゃないかと思った。
なのに、さっきRotten Tomatoesで調べたらなんと13%。がびーん。
さっき妻も横で言ってたけど、映画というものは、観る本人じゃないと、その評価はできないものです。


この映画は、主演がライアン・レイノルズなんだけど、
彼はいつもどことなく垢抜けないという印象が強いですが、
そんな彼がその味をよく出して、ちょっとダサい役を演じていたので、
それがとてもよかった。

そして、相棒役のジェフ・ブリッジス がまた面白い。
彼のカウボーイ的な役が良い。

RIPD-Movie-1


そして、彼らが現世に入ってくるとき、
仮の体を借りているわけですが、
その体が、ジェフ・ブリッジスは超スタイルの良い美女(マリサ・ミラー)にも関わらず、ライアン・レイノルズの方は、どこかのチャイニーズのおっさん、という設定がまたウケる。
ライアン・レイノルズ本人は、普通に話しているのに、
実際には、中国語訛りの英語でチャイニーズのおっさんが話しているのがウケる。

8717257591_9fd98b857a_z


そして、いつまでも若いケビン・ベーコンが出ていましたが、
やっぱり彼は悪役でした。
ケビン・ベーコンって、正義の味方が本当に似合わない人だよね。
絶対に観客を裏切らず、必ず何か裏のある人物を演じてくれるところが、
彼の良いところだと思います。
ちょっとニック刑事に近いものがある。

*****

そんなわけで、全然期待せずにみると、
実はかなり面白い映画です。
Rotten Tomatoesはかなり正確だと思いますが、
こればっかりは信じないで見て下さい。

2013/11/21 21:16


ripd-jameshong-grandpachen-marisamiller-600










トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索