November 10, 2013 10:21

「アメリカの南東部」

DSC_1975


2013/11/10 (Sun) 10:01am-

今はテネシー州、Chattanooga(チャタヌーガ)のホテル。
ここには昨晩とその前の2泊して、
あと1時間したら出発する。
ノースカロライナ州のシャーロット空港経由で、
2本の飛行機に乗る。
一本はそれぞれ2時間弱くらいのフライト。

*****

この町は、南部の田舎、ということもあり、
基本的に白人が多い。
昨日はダウンタウンを少し歩いたけれど、
黒人のホームレスをたくさん見かける。
Public Libraryがあって中に入ってみたけど、
黒人のホームレスが、自分の荷物を入れたスーツケースを横におき、
本を適当に読んだり、時間を潰している様子が見えた。
はっきり言って治安が良いとはいえない。
危険な感じはぜんぜんしないけれど(基本的に人が余り歩いていないから)、
かといって、落ち着く町ではない。

田舎なので、物価が安い。
昨日はアメリカに今回来て2回目の映画だったけど、
最近はどこも大人12ドル〜14ドルはするのに、
ここは7.75ドルだった。
しかも、毎日16時から17時半の間に入ると、
5ドルで見れるらしい。

にも関わらず、映画館はしっかりしていて、
映像も音も立派で、大満足だった。
260人近く収容の大劇場には、
おばさんの二人連れが2組と、
車椅子の女性が一人と、
あとは俺だけだった。
(つまり、俺以外は全員女性。内容が”About Time”ということもあるけれど。
そして、にも関わらず、
俺が一番最初に劇場に入って真ん中の席に座っていたら、
案の定おばさん二人組みは俺の真後ろに座るので、
あんなに広い劇場に、たった6人しかいない客が、
真ん中に集まってみてるのがなんか面白かった。
映画は12:10スタートにも関わらず、
12;25になっても始まらず、
「本当にここで合ってるのか?」と思ったけど、やっと始まった。
それまでに、ローカルのCMや、
「I hope you have your pop-corn and coke」というコカコーラのCMを何回も見せられて、
結局ポップコーンを途中で買いにいった自分。)

*****

昨日の朝は、ここでフリーのビュッフェスタイルのご飯を食べていると、
隣に座った夫婦の奥さんのほうが話しかけてきて、
彼女たちは、カリフォルニア州のバークレーから来たということだった。
俺と上司の二人が日本語で話しているのを見て、
日本人と気づいたらしい。
彼女の祖先は日本人で、
たまに日本にも行くという。
その人は完全なアメリカ生まれの日系アメリカ人。
旦那さんは白人だった。

彼女が、「なかなかここではアジア人を見ないから、
つい気になっちゃって」と。
確かに、ホテルのロビーには白人と黒人しかいない。
ラティーノなんかもいない。
どこにでもいる中国人も、ここにはさすがにいない。

「僕もカリフォルニアに6年間いたんですよ」と話して、
「ここは全然カリフォルニアとは違うね」と。

TVを見ても、地元の教会が宣伝をしてるけど、
来ている人たちはみんな白人。
そしてみんな見事に太っている。
(アメリカ人は、本当に、ハンバーガーとピザとステーキしか食事を知らないんじゃないかと思う。味覚音痴なのか?)

ある意味、俺が一番最初の年に留学したSiskiyou Countyに似ているけれど、
(ちなみにその旦那さんの方は、College of the Siskiyousを知っていた。
サンフランシスコ空港の税関の人たちでも知らないくらいなのに、
彼が知っていたので驚いた。)
ここは、Siskiyou Countyは、田舎とはいえ西海岸だから、
もっとリベラルなのに対して、
チャタヌーガは、本当に内陸部、というか、
人はいいけれど、もっと保守的で、
「ザ・アメリカの田舎」という感じがする。

でも、田舎なので、人は良い。

*****

アメリカを3週間も出張で滞在していると、
さすがに飽きてくる。
ホテルの周りには基本的に何もないので、
(アメリカは車がないとどこにも行けない)
やっぱり、暇になる。
TVはずいぶん見たけれど、CMの多さにはうんざりする。

英語というのは、日本にずっといて使わないと、
リスニングもスピーキングも落ちるけれど、
やっぱり2週間以上いると、それはまた上がってくる。
自分がメインで使う言語になるから。

*****

大して書くことはないけれど、
とりあえず、今の気持ちを記しておいた。

2013/11/10 10:17am

PS. 昨日の夜はどうしようと思って、
宅配のピザを初めて頼んだ。
一番小さいサイズを頼んだけれど、
タックス込みで14.5ドル。
チップを含めて17ドル渡す。
まあまあおいしかったけれど、
こっちの材料は何を使ってるのかと思う。
とにかくのどが渇いてしょうがない。
ここで、俺は水しか飲まないけれど、
アメリカ人は大抵コークを飲むんだろうね。

だから太るんですよ。




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索