September 22, 2013 23:21

「そして帝国は消えた」 落合信彦

_SX230_

オリジナルは1999年4月刊行。
前回レビューに書いた「王たちの行進」の主人公、
城島武士の登場する作品の第二作目。

前回と同じく、ロシア人のマフィア、サーシャ・ブラスコフなども登場し、城島と一緒に、
ケネディ家やロックフェラー家なども比べられない様な、アメリカを影から操ってきたとされる、
Blue Stock American(純血種のアメリカ人:"ボストン400"という上流社会を構成した、メイフラワー号に乗ってアメリカにやってきた最初の移民の一人)のマーロウ家率いるセイクリッド・ウォリアーズたちとの闘いとなる。
舞台は、ソ連邦の崩壊。

*****

先週の火曜日くらいに読み出して、
あっという間に4, 5日で読んでしまった。
面白かった。
前作よりもスピード感があり、かつ、舞台も大きくなって、
面白かった。

*****

個人的に自分のソ連邦やロシアに対する歴史の知識が少ないために、
この作品をフルに楽しめない部分もあったと思う。
歴史をきちんと勉強しようと思った。

また、落合の作品にいつも通ずるが、
この登場人物、城島はかなりカッコ良く、頭も切れ、
こんな男が本当に存在できるのかと思ってしまう。
彼を目標に生きようとすると、
経済、ビジネス、歴史、文化、政治、
全ての点で、もっともっと努力せねばと思う。
しかし、それほど、落合の描く主人公は魅力的で、
それを目指せば、必然と自分の株は上がって行くと思う。

*****

3作目の「虎を鎖でつなげ」は2005年に読んだが、
その後一度も読んでいなく、且つ、城島が再度登場するので、
これを次に読むのが楽しみ。

2013/9/22 23:16







トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索