August 19, 2013 23:02

"The Incredible Burt Wonderstone"

incredible_burt_wonderstone_ver5_xlg

この映画は、インド出張からの帰り道に観ました。
なので、7/28辺りに観たことになります。
この映画を観てから、ずーっとブログを書こうと思っていましたが、
今日になっちゃいました。

*****

最高に面白かった!!!!!
これは、最高でした。

最初は、この映画のポスターを7月の頭にアメリカの街角で見て、
「なんだあの怪しいポスターは」と、
全然気にもとめてなかったのですが、
飛行機の中でよく見ると、なんと僕の大好きなSteve Carell、
Steve Buscemi、
そしてJim Carreyまで出ているじゃないですか。

こりゃあもう観るっきゃないと、すぐにチャンネルをこれに合わせました。

*****

スティーブ・カレルが、幼少時代はダサイいじめられっこだったものの、
大きくなった時には、ヴェガスでショーをやる様なマジシャンになっています。
しかも、その髪型がウケる。
いかにも、デイヴィット・カッパーフィールドのような、
「マジシャン」という感じなのがウケます。
それを、スティーブ・カレルがやっているのがまたウケる。

これ
incredible-burt-wonderstone-steve-carell1


そして、結構印象に残ったのがジム・キャリーの演技。
体を張ったそのマジックは、観る者にショックを与え、
“Brain Rapist”(脳のレイプ者)と呼ばれます。

その名の通り、燃える石炭の上で寝たり(いびきをかきながら、一々叫ぶのがウケる)
尿をいっさい出さずに数日間耐えたり(”Can he hold this? Literaly 70% of his body is Urine!”とかニュースキャスターが言ってるのがバカすぎる)、
最後のマジックでは、「脳のある角度からだと、脳に穴を開ける事ができるんだ」と言って、脳にドリルを入れたり(これは、フェイクと分かりつつも、見終わった後も結構後味が悪くてショックだった)、
中々、インパクトのある演技をしてくれました。
そして、結構体をムキムキに鍛えて、
ちょっとブラットピッドに似ているのがまたウケる。

これ
the-incredible-burt-wonderstone11


*****

とにかく、中々良い映画でした。
スティーブ・カレル、スティーブ・ブシェミ、
そしてジム・キャリーの3人が、良いバランスをとっています。

それから、俺の好きなOlivia Wildeも出ていて良かった。

olivia-wilde-premiere-the-incredible-burt-wonderstone-09



日本でいつ公開されるのか分かりませんが、
ぜひオススメの映画です。

2013/8/19 23:01








トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索