August 05, 2013 10:18

『伸びる人、伸びない人が一瞬でわかる「見抜き力」』美月 あきこ

_SS500_

2010/10/26初版発行。

2010年の春、ディズニーの「アリス・イン・ワンダーランド」を見に行く際に、
横浜の本屋でこれを見つけて、
欲しくなって買った。

*****

タイトルの割には、
著者自身が、離婚を二回繰り返しているという、
「貴女自身が一番見る目が無いんじゃないんですか」と突っ込まれそうな本。
著者のフライトアテンダント時代の経験を生かし、
彼女の感じた事が綴られた、エッセイ的な本。

*****

しかし、参考になる箇所も幾つかある。

例えば、ファーストクラスに自分のお金で乗る人たちは、

・靴を脱いだ際に、中が他の人に見えない様に、端の方にそろえて置く。
・モノを大事にし、上着を機内で預ける際には、相手が持ちやすいように裏返しにして渡す。また、自分のお気に入りのペンを持っていて、何かを書く際には、そのペンをわざわざ遠くまで取りに行き、それを使う人も多い。
・本を数冊持ち込み、機内では本を読む。
・低く、落ち着いた、しかし良く通る声で話す。
・何かを頼む際にも、ユーモアを交えて、笑いや余裕を持って話をする。
・ピンと背筋を伸ばして前を向いて歩くので、飛行機に乗る前から「あ、あの方はファーストクラスのお客様に違いない」と分かる。
・相手からうまく話を引き出す「田舎力」がある。
(要するに、「それ、もう少し詳しく教えてもらえませんか?」と誰にでも言える正直さを持つ事)

などなど。

そして最後に、
・そういう人たちは、容姿の整った人が多い訳ではなく、頭も薄く、背も低く、お腹が出ている人も多い。

らしい。
最近頭の薄さが気になり始めた自分に取っては安心する内容。

2013/8/15 10:15am






トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索