June 25, 2013 12:11

5年ぶりのアメリカ

CIMG4000

2013/6/24 10:51pm-

会社の出張で、アメリカに来た。
2008年の4月30日から、実に5年ぶり。

もう、5年もアメリカに来ていなかったのかと、
びっくりする。


今回は滞在がほとんど東海岸なので(NY,Chicago,Washington DC+カナダなど)、
自分が6年間を過ごした西海岸の雰囲気は余り感じられないけれど、
テレビとかを見ると、黒人の主張が激しすぎるリアリティTVとか、

(アメリカにいたころはこれが普通だったけど、5年も日本で過ごして、
久々に客観的にこういうのを見ると、
その文化の違いが面白すぎる。)

とにかく、「アメリカ!」という感じがして楽しい。

CIMG4023


さっきも、ホテルのロビーで歯ブラシと歯磨き粉をもらうのに、
10分近く待たされたんだけど、
そのホテルのロビーの男たちの手際の悪さとか、
日本ではありえねえな、さすがアメリカだなと、
そういう点でもアメリカを感じた。

(歯ブラシをくれと一度言って、部屋に戻り、
「10分以内にそちらへ行きます」といっておきながら、
ぜんぜんこないので、
しびれをきらして再度下に行き、
同じ事を言って、待つこと5分。
ぜんぜん向こうの動きも分からないし、俺が頼んだ担当者は別の電話を長々とインド語でしているので、頭に来て、もう一人のやつに”How long are you gonna make me wait for that? What’s going on man? Are you working on that or what?”とちょっと切れたら、やっと「今用意してますので、すぐに部屋に届けに行きます」と返事が返ってきた。この辺がアメリカだなあと思う。

*****

しかし、俺も今はこうして、「日本人」としての意見を書いているけれど、
自分が学生時代だったころ、
日本のビジネスマンがアメリカに来て、
「日本じゃありえないよね」と全てのことに対して文句を垂れているのを聞いて、
「そういう、何でも日本を基準にして比べるから、すぐにイライラするんだよ。
アメリカはこういうものとして捉えて、何でも日本の基準で物事を考えないことが大事なのに」
と思っていたのを思い出すと、
俺も、一端の「日本人」になったんだなあ、と感じる。

*****

それと、もう一つ思ったのは、
ホテルのロビーにしても、誰もがデカイ声でわあわあとしゃべっていること。

昨日、成田空港に向かう電車の中で、
途中で乗ってきたアメリカ人(発音がカリフォルニアだなあと思ったら、LA出身らしかった。彼の声がでかすぎて全部聞こえた)
が、二人で話をしていたんだけれど、
その一人の声が余りにも大きくて、寝ていたのに目が覚めたくらいだった。
でも、アメリカ人って、これぐらいの大きな声で話すよなあ、と。
留学中に、日本に一時帰国して、
電車の中で普通にしゃべっていると、
自分の家族に、「声が大きすぎるからもっと小さくしゃべって」
のように注意をされて、「え?普通じゃない?」とびっくりしたことがあったけど、
きっと、そんな感じなんだろうなと思う。

******

白人だから、黒人だから、ヒスパニックだから、エイジアンだから、インディアンだから、
というわけではなくて、
みんな、アメリカに住むアメリカ人だから、
声もでかいし、回りを気にしないし、
自己主張が半端ないし(むしろ自己主張をいつもしていないと、相手にされない)、
表情とか、ジェスチャーとか、
何もかもが大げさで、
「すげえ」んだろうな、と思う。

2013/6/24 11:08pm








トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索