May 27, 2013 22:53

"Iron Man 3"

Iron_Man_3_theatrical_poster


さあ、どれだけ久しぶりなのでしょう。
映画のレビューを書くのは。

3月に東京に引っ越して来てからは、
中々忙しくて、ゆっくりと映画のレビューを書いている時間もありませんでした。
引越に、新しい仕事環境に、
そして、先日の結婚式。
かなりバタバタしておりましたが、
今日は妻が実家に帰っていないので、
ゆっくりレビューでも書きます。

*****

さて、この映画は昨日観て来ました。
僕の大好きなアイアンマン。
前売り券を買ってから2ヶ月以上が経っていましたが、
やっと観に行って来ました。

感想は、まあまあですね。
映像はかなりすごかった。
でも、CGにもさすがに目が慣れて来てしまって、
もうほとんど、感動もしなくなってしまった。

最初のアイアンマン1のときや、
アイアンマン2の、スーツがバックに入っているとき、
または、アベンジャーズで、歩きながらスーツを脱いで行く時など、
毎回、「うおお!!」と興奮していたのに、
今回は、ほとんど興奮することもなし。
まあ、最初の、各パーツを遠くから飛ばして、
自分の体にくっつけて行くアイディアと映像はすげえなと思ったけれど。

それと、映画の最初の方はかなり引き込まれましたが、
(トニースタークが自分の住所を敵に公開してから、
すぐにロケットで攻め込まれるところなど、)
その後、途中でスタークがテネシーだかどっか、
アメリカの中西部に行った辺りからは、
段々とテンポも下がり、
敵の親玉と思ったひげ面の男が、
ただの雇われ俳優だと知った頃には、
かなりテンポもダルダルでした。

でも、相変らずユーモアのセンスは満載で、
台詞なんかも面白かった。

一番最初の、
"There was some guy, saying*****.
I forgot who said that, but I said that so he said that."
(昔、****と言った男がいた。
誰が言ったかは忘れたが、俺がそう言ったんだから、
やつもそうやって言ったんだ。)
みたいな。

トニースタークの、あの、
ナルシストで、かつ、かなり子供っぽいところのキャラクターが、
ここまでアイアンマンが人気になった理由だと思います。

*****

さて、CGは恐らく、今までの作品で一番凄かったけれど、
でも、やっぱり話のストーリーとリアルさは、
1が一番だった。

この後、マーベルも、アベンジャーズに出て来たヒーローたちの作品の続編が
続々とつづくようですが、
そろそろ、もうお腹いっぱいという感じですね。

でも、「ソー」は個人的に好きなので、
ビデオが出たらみたいね。

2013/5/27 22:52


PS. "TED”を始め、
観たのに書いていないレビューが、多分10個くらいあります。
徐々に書いて行かなきゃね。








トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索