February 05, 2013 23:44

"Prius or Mustang"


結局、人がどうのこうの、自分のことを言ったとしても、
それを気にすることは無い。

なぜなら、それは、その人の意見でしか無いから。

自分の行動など、すぐに変えられることで、
且つ、それが必ずベターな方向に自分を向かわせることであれば、
それは考慮した方が良いが、

その意見が、自分の性格なり、
傾向なり、
自分の人間性に関することで、
それを変えた方が良い、と言って来るときは、
気にしない方が良い。


他人から見える自分というのは、
他人が100人いれば、
100通りの見方があり、
100通りの、「もっとこうしたら良い」という意見がある。

だから、それを一々真に受けていては、
体が持たない。

そして、人間というものは、
年齢も30歳近くになると、
かつて若い頃は、
「ああ、もっと俺も変わった方が良いのか」
と思ったとしても、
今となっては、
一日寝てしまえば、
以外と忘れてしまう。

そして、この年齢で、
自分の性格なり、
傾向を変えるのは、ほぼ不可能に近い。
不可能ではないが、
それにかけるパワーを考えると、
既にある、自分の長所に目を向けて、
そこをアクセル全開で伸ばして行った方が、
ずっと効率も良いし、
自分という車の運転も、楽になる。


人からどうのこうの言われて、
自分という車の性格を変えようとすることは、
アクセルを踏みながら、同時に、
ブレーキも踏もうとしているようなもので。


そして、その車が、大人しそうに見えたり、
または、素直そうに見えて、
何でも聴いてくれる、と思える程、
他人は、その車に、
色々と文句をつけて来る。

「もっと、車体の色はこうした方が良い」
「タイヤはこれに変えた方が良い」
「エンジンはこっちにした方が良い」・・・・


****


しかし、最終的には、
その車を運転するのは、自分であり、
その車と一生付き合って行くのは、
他でもない、自分しかいない。

ならば、自分が、
その車を運転し易い様に、
自分が一番良く知っている、その車の良さを伸ばして、
思いっきり毎日、好きな様に飛ばして行ったら良い。


****


そして基本、男というのは、
年下の男に、説教をしたがるもの。

だから、そういう説教が始まったら、
耳半分にして、流して聴いておけば良い。


****


と、久しぶりにフラストレーションを感じたので、
書いてみる。


一々、人の車に、
いちゃもん付けてくんな、っつうの、ね。

2013/2/5 23:41



PS.
しかしながら、
普段、大人しそうに見える、プリウスのような車が、
実はマスタングだった、の様に、
急に牙を剥くと、
相手は、かなりビックリするもので。


だからこそ、本性はマスタングならば、
たまに「僕はプリウスに見えますけれど、
マスタングですよ」とちらちらと見せた方がいい、などと今日は言われたが、


しかしね、それも、俺の生き方だからね。

そういう、人の性格的なところを、いちいち言われると、
面白く無いね。





トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索