February 04, 2013 23:35

"Jack Reacher"

Jack_Reacher_poster


邦題は『アウトロー』。
観て来ました。

*****

酷い!!酷すぎる!!

これは、大変な駄作でした。

人によって意見は違うと思いますし、
この映画が好き、という人もいると思うので、
余りけなさないように・・・
と言いたいところですが、
余りにも酷いので、
酷評します。
というか、思った通りを書きます。

*****

1、キャラクター設定が弱い。

トムクルーズのキャラの設定が、ハッキリしない。
宣伝では女に興味は無いとか言ってるけど、
女に興味がない理由が余り示されない。
(しかも、出だしの部分では、どこかの女性と寝た後のシーンがある。)

完全にクールな役(例えば、007のジェームズボンド)かと思えば、
結構、おっちょこちょいだったりする。
後ろからバットで殴られるまで、後ろの気配に気づかないなど、
「最強」「超強い」という設定でもない。
そして、途中でナイフを落としたりしているくせに、
そこでウケを狙っているのか、それが良く分からない。
映画の雰囲気は、ウケを狙うわけでもなく、
BGMも殆ど流れず、ハードボイルドな感じを描こうとしているように見えるくせに、
そういう中途半端なウケ狙い?が入る。

2、ヒロインが全く可愛く無い(綺麗ではない)。
ただ、胸がデカイだけ。

3、映画のテンポが最強に悪い。
BGMは殆ど使われず、
殆ど、台詞と、車の操縦音と、銃撃戦の音なのだが、
アクションも、最後の方まで始まらないし、
そもそも、主役が誰なのかがよくわからない。
それほど、主役(トムクルーズ)の描かれ方が中途半端。

4、カーアクションは、まるで本人たちが実際にやった様に見せている、
その点は、中々いいが、
最後の銃撃戦は、途中で出て来た射撃屋のオヤジがトムクルーズの援護に回り、
余り盛り上がらない。
キャラが中途半端。

そして、トムクルーズは、適役の男を前に、
銃を構えて、相手は完全に降参するのに、
そこで敢えてトムクルーズは、
自分のライフルを捨てて、肉弾戦に持ち込む。
その意味が分からない。
まるで、MI2の最後の様。
トムクルーズの肉弾戦の様子をShow offしたいだけのように見える。
(しかも、彼の戦い方が、MIシリーズの時と余り変わらないスタイル。)

5、途中で出て来た女の子(役名Sandy: Alexia Fast)は可愛いのに、
酷い殺され方をする。

_SX600_SY800_


また、最初の映画の出だしでも、
Victimたちが、次々と殺される様子などは酷く、
途中で、その被害者たちの人生も描かれ、
中々感動させる作りに持って行くかと思いきや、
トムクルーズのキャラクターの設定が中途半端なので、
余り、「正義を下した」という感じがしない。

正義にしか興味が無い男ならば、
もっと、「俺は正義の為には何もいとわない、You F%&K」
みたいな台詞を言わせればいいのに、
それもしない。

元アーミーだか、
実は警察だったか知らないが、
非常に、中途半端なキャラクター。
売りが見えない。

6、そもそも、ストーリーが良く分からない。
正義を下す(その中には、犯人にしむけられた男を、無罪から救うことも含まれる)が、
その男にしても、出て来ていきなり殴られて昏睡状態になり、
彼の人間性や性格が、殆ど描かれないので、
彼自身にも、そんなに同情できない。
ストーリーが不明確なまま終わるので、
見終わった後、「で?」という感じになる。
後味が悪い。

7、そして最後に、
繰り返しになるが、
最後の終わり方が、非常に後味が悪く、中途半端。
これを、シリーズものと、最初から歌っている割には、
二作目に繋げる良さが全く見えない。
意味が分からない。

(普通、シリーズ物は、
インディアナジョーンズなり、
『ボーン』シリーズなり、
007なり、
何かしら、そのキャラクター(主人公)に、
人を引き付ける『魅力』が無ければ意味がないのに、
この映画の主人公、ジャックリーチャーは、
それが全くない。
意味が分からない。

*****

余り意見がまとまっていませんが、
この辺で辞めておきます。

それにしても、本当にヒドかった。

きっとこの映画は、
「トムクルーズ=大物俳優」主演だから、
それだけの理由で、日本でも宣伝されて公開されたんだろうね。

日本のこういう、
「大物俳優の出た映画なら、
面白かろうと、つまらなかろうと、
取りあえず、劇場公開は絶対にするし、
宣伝もしまくる。
しかし、本当は面白い映画でも、
大物俳優や有名俳優が出ていなければ
劇場公開はしない」
という、その、映画に対する姿勢が、
本当に頭に来る。

「映画ファンをなめとんのかい」と思う。

これだけ、アメリカでも、毎週の様に何本も映画が封切られ、
その内、本当に少しの映画しか劇場では公開されないのに、
その少数のフィルムに選ばれる理由が、
ただ、「大物俳優が出ているから」という理由だけで、
無条件にその公開作品のリストに入ってしまうことが、
とても頭に来る。

*****

あと、上に書き忘れたけれど、
黒人の警察官(コイツは実は悪役)も、
演技が上手く無い。
サミュエル・L・ジャクソンさんや、
ローレンス・フィッシュバーンさんの様なキレもない。

一番の黒幕の男も、
彼の人生が描かれる前に、
謎を多く残したまま、簡単に殺されてしまう。
その意味も分からない。

そしてくり返すが、
ヒロインがちっとも可愛く無い。
大きな胸を、開けた胸元から見せるシーンが多いだけ。

*****

300円です。
DVDが出たら、見てもいいレベルだと思います。
ニコラス刑事さんの大方の映画よりも酷いです。
(少なくとも、ニック刑事さんの映画は、
いくら駄作でも、
「まあ、でもしょうがないか、
ニック刑事だし。それに、なんだかんだ言って、
ニック刑事自体が出ているだけで、
既にその時点で、面白いからいいや」
という、「笑い」が存在しているのですが、
(その映画がシリアスに作ってあればあるほど、
ニックさんが面白く見えるので、
そこが笑えるんですが)、

トムクルーズの場合は、
要するにキムタクですから、
「笑い」を誘うキャラでもないし、
「笑い」を誘うなら、思いっきり「ここは笑って下さい」
もしくは、
「このキャラは、強いけど、実はおっちょこちょいなんです」
と割り切った作りにしてくれればいいのに、
それも無くて、
「真面目なのか、ハードボイルドなのか、
おっちょこちょいキャラなのか、
良く分からない」
という、中途半端な設定で演じられているから、
余計頭に来る。

*****

結論として、
「シリーズもののくせに、
主人公のキャラ設定が、
弱すぎる。中途半端すぎて、
魅力が全く無い」というのが、
この映画が面白く無かった、
一番の理由のようです。




そして、テンポが本当に悪かった。
2時間が、ものすごく長かった。

2週間前に見た、007とは大違いでした。

2013/2/4 23:35



PS.
というかね、
「トムクルーズはキムタク」というのは、
私の妻が、この作品を観に行く前に俺に言ったことなんだけど、
正にそうで、
トムクルーズは、何を演じようが、
彼は、そのキャラクターを演じるのではなく、
結局はいつも、「トムクルーズ」なわけですよ。
キムタクが何を演じようが、
いつも演技は「キムタク」なのと同じで。


だから、このポスターは、間違っていますね。
"Tom Cruise is Jack Reacher"じゃなくて、
"Tom Cruise is Tom Cruise"だっつう。

『ボーン』シリーズのように、
"Matt Damon is Jason Bourne"ならば、
話は分かるんです。
マットデーモンさんは、
映画によって、色々な役を演じきれるから。

なのに、トムクルーズさんは、
はっきり言って、余りキャラを変えていないのに、
"Tom Cruise is Jack Reacher"って言ってるから、
余計腹が立つんです。

****

後は、映画を見終わった後に、
絶対にみんな、
「・・・つまらなかったな」
「・・・騙されたな」
と内心では思っているはずなのに、
トムクルーズが出ているし、
結構宣伝もしているし、
巷では期待され、
「トムクルーズだから間違いない」という気持ちで見に来ているから、
余計、その「騙された」という事も、おおっぴらに言えず、
みんな、最後のエンドロールが終わるまで、
律儀に席に座っていて、
終わった後、みんな無言で、
複雑な面持ちで出て来る、という。


あれは、完全に、
日本人をバカにしていますね。

結局は、英語も分からないし、
アメリカのことは、良く分からないけれど、
スターが出ているから、面白いはずだ、
と、マスコミやらに騙されて、
期待して観に行って、
結果、全然面白く無いのに、
それを、大声で言えない、という。

その、真面目な日本人たち(俺も含めて)が、
複雑な心境で、映画館を後にする(1800円も払って)
という現実が、
客観的に見て、本当に残念なわけです。

ある意味、映画は、
騙しだからね。

見る前に、お金を払うという。

町の、見せ物屋と、
殆ど変わらないわけですよ。

それを、アメリカの映画会社を始めとして、
アメリカのマスコミ、
日本のマスコミが、ぐるになって、
裏で色々とお金が回って、
こうして、最終的には、
善人な市民が、
汗水流して必死に働いたお金で、
高いチケットを買ってみた映画が、
実際、全然面白くない、

なのに、それを、さぞかし、
「トムクルーズが出てるから、
これはすげえんだ!」みたいに宣伝しているという、
その実態が、悲しい。

*****

まあ、本当に賢い人は、
うちの妻のように、
予告編をちらっと見た時点で、
「あ、これはツマラナイから、
絶対観ない方がいいよ」と、
サラッと言えてしまう人なんだと思いますが。

(実際、彼女が「面白く無いよ」と言った映画は、
絶対面白く無いし、
「これは観に行きたい」と言った映画は、
絶対に面白い。)




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索