November 13, 2012 22:09

「ハーバード白熱日本史教室」by 北川 智子

e5510c0b702e34b4f0a744a2cec182fc


ものすごーーーーく面白かったです。
たくさん感じることがありました。

新潮社より(2012/5/17)に発売。

*****

1980年生まれの日本人留学生である著者が、
カナダの大学を出た後、
ハーバードのサマースクールを取り、
そこで取った日本史のクラスに違和感を感じて、
その後、プリンストンで大学院を卒業し、
ハーバードで日本史のクラスを教える様になるまでの過程、

それから、
実際に彼女がクラスで教えている内容、

そして、
彼女のクラスの様子などが、
描かれています。



この本を読み終わると、
まるで、自分も一緒に、
彼女の辿って来た留学生から教授になるまでの道を、
経験していくような感覚に陥ります。


*****


元々は数学とライフサイエンスがメジャーだった彼女が、
その後、歴史を自分の専門にし、
最終的には、ハーバードで教える教授にまでなってしまう様は圧巻です。

他にも、毎日ピアノを弾くこと、
その日にあったことを、
日記代わりに、絵にして一枚ずつ描いて行くことなど、
読んでいて、色々と触発される部分が多くありました。


*****


まるで、自分もまた、
留学をしていた頃に戻ったかの様な、
そんな清々しさを覚えました。


*****


最後に彼女はこう占めています。

「いつでも自己新記録の更新を目指すことだけがモットーで、あとは心の赴くまま。」

「可能性はいつも無限大。」


まさにその通りです。


とても良い本です。
ぜひオススメです。

2012/11/13 22:09




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索