October 15, 2012 22:08

"Killers"

Killersposter10


邦題は『キス&キル』。
2010年6月4日アメリカ公開。

なぜ原題が"Killers"なのに
邦題は『キス&キル』なのか疑問に思っていたけれど、
ドイツなどでも題名は"Kiss & Kill"みたいです。
よくわかりませんね。


*****

妻が好きなAshton Kutcher(アシュトン・カッチャー)が出ています。
実際の英語の発音は、
エシュトゥン・クッチャーみたいな感じです。

それと、Katherine Heigl(キャサリン・ハイグル)も出ています。
この子は、『ロズウェル』のときは大人っぽくて綺麗だったのに、
その後どんどん老けて行って、
今では、一体何歳なのか分からない雰囲気を醸し出しています。


"Roswell"の頃
katherine-heigl-20070925015930028-000



この映画を撮影した当時は、
アシュトン・カッチャーと同じ30歳くらいだったはずですが、
アシュトン・カッチャーの方が大分若く見えました。


*****


ちなみに、アシュトン・カッチャーはいつもコメディなどに出ていて、
余りカッコいい二枚目の役をやらないので、
何となく、
「コメディに出るお笑いタレント」的な感じで観ていましたが、
今回の映画では、
役名もまさに『Mr. Perfect』で、
その名の通り、かなりカッコよかったです。

なので、その彼の完璧に近いカッコ良さを観ながら、
「あれ?この人、こんなにカッコ良かったんだ」
と、何か変な不思議な感じがしました。

それに、かなり前からハリウッドにいるのに、
また実際は33歳くらいで若いし、
なんだか、
「ずっと昔から有名なのに、
まだかなり若くて実はかなりカッコ良かった」
という感じで、
変な感じがしました。

なぜ、彼は、彼のポジションにいるのだろう、と。

*****

しかし、彼は自分のプロダクションを持ったり、
"Punk'd"でホストをしたりと、
かなり頭も良いし、カッコいいし、
面白そうな人です。

妻は、彼のことを大好きなわけではありませんが、
しかし、彼の出ている映画はほぼ全てが当たり、
ということで、
彼の出ている映画はほぼ全て観ています。


そして、その対局にいる俳優
(つまり、出ている映画はほぼ全て駄作)
は、ウィル・スミスだそうです。


俺的には、"i, robot"とか"Hitch"は大好きなんだけどなあ。
でも、"I am Legend"を観てからは、
彼のことを信用しなくなりました。

*****

ということで、
全然映画のレビューになっていませんが、
中々面白かったです。

元殺し屋のクッチャーさんが、
そんな生活はもうイヤ!ということで、
フランスのニースで出会ったハイグルさんの普通っぽさに惚れて、
そのまま結婚するわけですが、
3年後、ひょんなことから、
自分を殺そうとする殺し屋が現れまくり、
それが全て、自分がこの3年間暮らしていた
町の住人、そして友達だった、
というものすごいストーリー。

なので、結構悲惨な死に方を
それらの住人(かつ友達)はして行くわけですが、
なぜかその時のBGMはラテンのノリだったりして、
「なんだ、ものすごいコメディじゃん」
という感じです。


やっぱり、クッチャーさんはどれだけカッコ良くても、
純粋な二枚目俳優としては絶対に売らない、
俺はいつも、面白く行く!
という徹底ぶりが見えて、
ますます好感を持ちました。

*****

以上、
クッチャーファンの皆さんは、
ぜひ観てください。



2012/10/15 22:08





追記:
それと、アッシャーがちょい脇役で出ていて面白かった。
満面の笑みで、とてもいい人そうだった。






トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索