October 13, 2012 01:02

"Get involved in your work, man."

2012/10/13 0:44-

今日は俺が今月から新しく移った部署と、
この部署に先月まで2年近くいた先輩が移った部署を合わせての、
歓送迎会だった。

夜の18:45から、21:50まで一次会をやって、
その後二次会を数名のメンバーで、23:30までやった。
で、バスで、さっき帰って来た。

もう眠いけど、明日になると結構忘れてそうなので、
今のうちに、ちょっと記しておく。

俺は今回、新しい部署に移り、
前にいた先輩も結構できる人だったこともあり、
その後を引き継ぐ俺が何だか期待されていたり、
または、この部署自体が、
会社の顔となる部分でもあり、
随分と仕事が厳しくもあり、
その雰囲気に馴染むのに大変で、
この2週間は随分とストレスの溜まる日々を送っていたけれども、
(ということで、この2週間は、
毎朝起きるのがしんどかったし、
今日の会も、ぶっちゃけ行くのに気持ちが乗らなかった)、

でも、今日実際に行ってみて、
色々な人たちと話す中で、
とても良い思いをさせてもらった。

今日は主に、俺の直属の上司となる人たち、3名くらいと沢山話したわけだが、
それぞれの方の考え、今までの社歴など、
色々と知れて、とても良かった。

思ったのは、基本、
この人たちは、仕事に対して真面目だ、ということ。
そして、根本には、
「この会社をどうやって良くして行こうか」
「どうやって、より、自分が関わるこの会社全体のレベル上げて行こうか」
ということを、本気で考えている。
だから、やりがいがある。


うちの会社は小さな会社ではあるが、
そして、もの凄いど田舎に存在する会社ではあるが、
モノ作りの会社として、かなりプライドと誇りをもって、
その仕事に携わっている人が、沢山いる。

そして、そういう人たちの考えを深く知り、
そういう人たちとGet involveして(深く関わり合って)
仕事をして行ける、というのは、
幸せなことです。

要するに、仕事というのは、
毎日自分が、朝の8時前から、
夜の7時くらいまで、
毎日毎日、定年退職するまで時間を過ごして
何かをする空間なわけだから、
その空間と、そのやる内容が、
自分が本気になれなかったり、
そのやっている内容に対して、
同じ様に、自分と同じか、またはそれ以上に
真剣に取り組んでいる人たちが上にいない限りは、
虚しいわけだよね。



しかし、うちの会社というのは、
1000名以下の小さな会社でありながら、
そういう人たちが、沢山いるわけで。


だから、それを今日は知って、
とても嬉しかった。


*****


毎日、いかに仕事を効率よく早く終わらせて、
17時ピッタリに帰るか、
ということに集中することも出来るけれども、
そればかりに集中していると、
結局は、仕事=「自分が毎日時間を充てる、作業」
の内容よりも、
「いかに、自分が拘束された時間以内で作業を終わらせるか」
に意識が行っているわけで。

しかし、そういう仕事の仕方は、
やはり、面白く無いんだな、これが。


俺は、日本人は(これは世界的に見たらどうか知らねーけれども)
仕事を、基本、燃えてやる人種だと思う。

そう、農耕民族だから、
目の前の田んぼが、いつも気になるわけで。

だから、土曜や日曜も、
田んぼの様子をチェックして、
色々と、何かしらしてしまうわけよ。

で、その、自分が手入れをする田んぼと、
その田んぼから出来る稲が、
大したものでない場合は、
やはり、農家として、
面白く無いよね。




*****




俺は、
その田んぼにかける想いと、
田んぼから生み出される稲を、
世界一のものにしてやろうと考える、
熱き男たちが集まる会社で、
仕事ができて、よかったと思う。



どうせやるなら、
思いっきり、その中身に入り込んで、
何か、ガッツリとつかみ取りたいからね。



*****



そんなわけで、
そういう意味で、
仕事に対して真剣で真面目な上司たちが沢山いて、
良かったな、
と、感じた夜でした。




*****


マジで、人というのは、
外見や、その人の素振り、振る舞いだけでは、
分からないものだな、と思う。


きちんと、膝を向き合わせて、
その人がどういう人生を送って来たのか、
何を考えているのか、
どういう論理と、人生哲学を持っているのか、
何に価値観を置き、
何に喜びを感じて生きているのか。


それらを、一対一で話し合うまでは、
その人間のことは、決してジャッジはできない。


そう思う。



だから、一緒に酒を飲もうぜ。




2012/10/13 1:02am









トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索