August 29, 2012 18:33

「朝の栄光」

IMG_5789


2012/8/29 18:27-

さっき、会社から帰る際に、
職場の皆さんに挨拶をして去ろうとすると、
後ろから自分の名前を呼び止められた。


振り向くと、
購買部の先輩が立っている。


「僕ですか?」という感じで自分のことを指差すと、
彼は頷きながら俺に近づきつつ、
いきなり、

「”朝立ち”って英語でなんて言うんや?」

とフロア全体に響き渡るデカい声で聞いて来た。


それに反応してクスッと笑った女性の先輩に対して、
隣の席の先輩が速攻、

「さすが◯◯さん、反応が速いなあ」とからかっていた。


*****


結局、俺は分からなかったんだけど、
その先輩曰く、
先日中国のお客様と会食をしていたら、
空芯菜(くうしんさい)が料理に出て来たそうな。

そこで、そのお客さんが、
「これは英語名を"Morning Glory"と言うんですけど、
その英語名は別の意味もあるんですよ」
との話から、
下ネタ話で盛り上がったそうな。

それで、「本当にMorning Gloryはそういう意味なんかい」
ということで、
俺に確かめて来たらしい。


*****


彼が、
「いや、自分でも調べようと思ったけど、
いつも使ってるアルクじゃ載ってないかなと思ってさ」
と。

俺もいつもアルクを愛用しているので、
「もしかしたらあるかもしれませんよ」
と言ってその場で調べたら、
本当に載っていた。

やるなアルク。


ちなみにアルクによると、
以下がオプションだとか。


morning glory
a morning hard-on
morning wood [hard-ons]
piss hard
pride of the morning



へえ〜。




「"piss hard"なんてのもありますね」

と俺が言うと、

「いや、前に友達から聞いたんだけどな」

とその先輩が真面目な顔で言うので、
なんだろうと思って聞いていると、

「朝立ちっていうのは、
前立腺に尿が溜まって、
それで立つらしいんだよな。
だから、その"piss hard"って表現は、
ポイントを突いているよな」

と相変らずマジメな顔で言う。

そのギャップが面白かった。


*****


まあこんな感じで、
うちの会社(というか俺が今いるフロア)では、
女性社員も少ないのもあり、
また、工場の課長さんたちが多いのもあり、
常にこんな感じで話がされている。


今日なんかは、会社で健康診断があったんだけど、
バリウムを飲んだ後に、あれが出ないとかの話で、
大声で真っ昼間から、
「俺のはカッチカチやったで」
「あれ、水を沢山飲んで出すのがいいんや」
「水を沢山飲むと、シャバシャバのが出るぞ」
などとやっている。

更には、
「いやあ〜、やっと出たで」
「なんだ、お前か、さっきトイレに入っとったのは」
「そうや」
「お前の◯◯長いんや。もうどのトイレも一杯で入れんかったで」
「なんや、それなら厚生棟の風呂場の横のトイレに行けばいいべ」
「あそこのシャワーは結構いいんや。ハードなのが出る」
「あそこは結構落ち着くんや。俺なんか何か考え事したいときは、
あそこに行って二時間くらいずっと居座るんや」
「絶対ウソやで」


などと延々とデカイ声でやっている。


良い職場ですね。


*****


それと、話変わるけど、
うちの職場は、
色んな人に似た人が多い。



シルベスター・スタローン、
金正日、
ジョージ・ハリスン、
郷ひろみ、
三遊亭子遊山(笑点)、
関根勤、
松山ケンイチ、




などなど。



シルベスタースタローン似のRさんに当たっては、
俺は彼を初めて見たときに、
「いやあ、よく見るとスタローンにそっくりだなあ」
と内心密かに思っていたら、
6月末の社員旅行で同じバスに乗り合わせた時に、
別の課長たちから、
「ランボーさん」「スタローンさん」と呼ばれていたのを聞いて、
「やっぱり!」という感じだった。



****



そんなわけで、
どうでも良い話になりましたが、
みんな本当に良い人たちばかりで、
帰りの前の風呂場でも、
みんなが声をかけてくれて、
本当の大きな家族のようです。


とても良い会社に入ったなと、
しみじみと思っております。



2012/8/29 18:45











コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索