August 26, 2012 22:16

"Hello from D"

IMG_5859


2012/8/26 22:13-

今日は、うちの取引先のN社の3名を迎え、
夕方の17時前後から、
隣の町のTにて、焼き肉を食べながら会食。

今回は営業本部長兼理事のN氏も参加し、
彼がまずTに16時半頃に着くのを出迎え、
その後はN社の3名を駅で出迎え、
ホテルに一旦お送りした後、
1時間待ち(俺はその間ホテルのロビーで本を読んで待つ)、
その後近くのレストランへ。

そこはこの町の特産の牛肉を使った、
高級焼き肉屋。

俺は前回7月に、別の会社の会食でここへ来たので、
2回目となる。

3名は今日、東京から5時間近くかけて
ここへ来たので、疲れていることもあり、
いきなり牛肉の焼き肉は重くて大変そうだったが、
結構楽しんでくれた。


食事の場では、
本部長も、「じゃあ、あなたの紹介をしながら、色々話して」
と言うので、
俺の今までの生い立ちから(笑)今日までをざっと話し、
その後は、3人+1人の状況を把握しながら、
焼き肉を焼く状態。
中々火の加減が難しくて、
しかも相手が焼き肉の文化や箸の文化に慣れていないとなると、
中々大変です。

ちなみに、その内の一人は、
親がトルコ系とのことで、
焼き肉をキャベツに巻いて、
それに赤唐辛子とニンニクをたっぷり入れて、
「Good」と言いながら食べていた。


*****


食べ終わった後は、
歩いて彼らと本部長が泊まるホテルへ。

そこで、俺は本部長ともう一回飲もうとするが、
お客さん二人が外に出てきたので、
少し外で話す。

二人とも今回日本が初めてだそうな。
(いつもはうちの会社が毎回彼らの本社のあるDへ向かうが、
今回は3年に一回のAuditという事で、
彼らが来日した。)


その後、彼らに挨拶をして、
本部長とテーブルを挟んで少し話す。


彼はこれまでの5年程、
1年に3回、一回に平均30日〜40日ということで、
年に120日は、海外出張だったそうな。

しかし、もう体力的にも限界ということで、
今回俺ともう一人を採用したらしい。

「これからは頼むよ」と言われた。

まあ、俺は恐らく北米担当になり、
もう1人がヨーロッパ担当になるかもしれないけれど、
それ以外にも、インドや韓国もあるとのこと。

今は海外営業部に二人しか課員はおらず、
その二人が、それぞれ北米と欧州を、
分けて回る。
その際に、今日来ていた本部長は、
一緒に全て回る。

更には、国内担当の別の課長が、
インドと韓国を担当しているが、
それにも本部長は一緒に全部回るので、
結果、年間120日は海外、ということだとか。


それに関して今日の会食の場で話をしていたが、
「もう今回は彼を新しく雇ったので、
僕は行かなくなるよ」と言った彼に対して、
お客さんが「じゃあ、良かったですね。日本でゆっくり仕事ができますね」
と言うと、
「いや、僕の家族は嬉しがってるけれど、
僕は海外に行くのが好きだから、ちょっと残念なんだ」
と寂しそうに言っていた。

根っからの海外を飛び回ること好きなんですね。

*****


ちなみに、会食の場で、
お客さん側が、
「でも、今回彼の様な素晴らしい人材を見つけられて良かったですね」
(ありがとうございます)
と言うのに対して、
本部長は、
「実は今回、不景気ということもあり、
エージェントの募集に対して、
沢山のcandidates(応募者)が来たんだ。
その中には、東大の大学院卒もいた。
でも、僕は彼を選んだんだ」という。

俺が、
「そうなんですか?だったら、その人を選べば良かったのに」
と冗談を交えて言うと、
「いや、学歴が高すぎてもダメだし、
結局は働く時にウマが合うかどうかだからね。
だから、適切な人材が必要だったんだよ」
と言う。

確かに俺が面接を受けた際にも、
俺以外は基本的に、
この業界の経験者だったし、
または、海外営業経験ありだったけど、
俺は、まず第一にこの業界の経験は全くなく、
法人営業経験もなく、
かつ、学歴も東大なんかに比べたら
大分低く見られるわけだが、
それでも最終的に選ばれて良かったと思う。

それが、結果、
自分のしたい仕事に繋がり、
かつ、良い人々に恵まれているというのは、
非常に恵まれていると思う。




そんな話を総合的に聞いて、
もっと頑張ろうと思った。

*****


さて、明日はAudit(監査)が始まります。
頑張ろう。

2012/8/26 22:30





PS.
ちなみに、今回来日した3名は、
みんな本社のあるDから来た訳だけど、
俺は、2006年のアジア旅行で知り合ったマーク以外には、
その国の人々と会った事はなかった。

今回会ってみて、
非常に教養が溢れて、
知的な印象を醸し出す人々だな、と思った。

それでいて、かつ、
良識のある、という雰囲気が醸し出されている。
物腰も柔らかい。


実際、マークもそんな奴だった。


****

2日程前は、
インドのお客さんと会っていたわけだけど、
そこはそこで、
やはり、また違った雰囲気を醸し出す。


まあ基本的には、
この業界の人は、みんな学歴も高く、
非常に頭の良さそうな人たちが代表として来るので、
そういう雰囲気を醸し出す人が結果的に集まるんだろうなとも思う。


俺はそういうフィールドの知識が全く無いから、
勉強頑張んないとね。



(ちなみに写真は、今日の稲の様子。
あと半月で稲刈りだそうな。
上は、Instagramで加工したもの。
下はオリジナル。
俺はこの写真に関してはオリジナルの方が好き。)

IMG_5853















トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索