May 31, 2012 01:00

"Elephunk"&"Monkey Business" by The Black Eyed Peas

Elephunk

The Black Eyed Peasの3枚目のアルバムです。
2003年の6月に出ました。

俺がこのアルバムを聴き出したのは、2005年の4月の頭頃。
それまで、このアルバムにある曲を何曲か、
ラジオで聴いた事はありましたが、
("Let's Get Retarted"(ラジオで流される場合には、"Let's Get it Started"バージョン)や、"Where is the Love"など)
実際に、彼らの名前と存在は知りませんでした。

友達に「凄く良いよ」と教えてもらって、
それからガッツリ聴き出し、一気にハマりました。


*****


2005年の3月から、7月にアメリカ一週旅行に出かけるまでは、
本当に毎日の様に聴いていたので、
このアルバムを聴くと、当時の様子を思い出します。

当時良く遊んでいたジョエルと一緒に、
曲について話し合っていました。

中には、Aplがタガログ語で歌う歌があったり、
("The Apl Song")
または、スパニッシュで歌われる曲も結構ありますが、
("Latin Girls"など。)
その内容は、彼が教えてくれていました。

(奴は家族がフィリピーノ系なので、
タガログ語は少し分かるし、
スパニッシュとタガログ語はそっくりなので、
スパニッシュも聴いて分かるとのことだった。)


*****


改めて聴いてみると、とても良く出来たアルバムです。

ジョエルと一緒に、
「一体、このBlack Eyed Peasって連中は、
なんでこんなにセンスがいいんだ!?」と、
話し合っていたのが、この前のことの様です。

今聴いても、全く飽きが来ないアルバムです。
4人のメンバーのエネルギーが、
溢れんばかりに入っていて、
何回聴いても、細かい音の作りや、
ハモリ、
楽器の使い方、
リズムの取り方、
曲と曲の合間のインタールードの懲りようなど、
驚きと発見が何回もあるアルバムです。
本当に良く出来ていると思います。
センスもめっちゃ良いし。

素晴らしき名作だと思います。


******


そして、次のアルバム、
4枚目になる、"Monkey Business"は、
2005年の5月末に出ました。

img_427855_5306821_0


これもジョエルと一緒に購入し、(学校帰りに、De Anzaの近くのターゲットに買いに行った。)
その夏から聴き始めました。

アメリカ一週旅行の際には、
CDも何も持って行かなかったので、
どちらかというと、このアルバムは、
2005年の8月以降、
ロングビーチに移動してからの、
最初のFall Semesterの思い出が強いアルバムです。

よって、このアルバムを聴くと、
その時期を思い出します。

11曲目の"Disco Club"なんかは、
CSULBのフィリピーノ・ダンス・ソサイエティのメンバーが、
夜中に、キャンパスのカフェテリアの裏の広場で、
ダンスオーディションの選考会にこの曲を使って、
ずーっと、ファーギーのソロの部分を流して色んな人たちが踊っていたのを、
図書館で勉強して帰る途中に見つけて、それを端からずっと見ていたので、
この曲を聴くと、その情景を思い出します。


後は、Justin Timberlakeとの共作の、
"My Style"を聴くと、
CSULBからWest Minsterの家に帰る途中の、
405のハイウェイの様子を思い出したりとか。


後は、"My Humps"が7月頃にシングルカットされて、
超流行っていたよね。
めっちゃ重低音を効かせながら、
この曲を大音量で流す車が続出したり。


Jack Jonsonの曲をフィーチャーした
"Gone Going"は、
2006年9月頃に、サンノゼのデイヴィットがロングビーチまで遊びに来て、
そのままサンディエゴのズーに行った際に、
帰りの車で何回もリピートして聴いたりしていたので、
その時のハイウェイの様子とか、
サンディエゴズーで観察したゴリラの様子とか、
そういうのを、昨日の事の様に思い出します。


*****

"Elephunk"の話に戻るけど、
"Sexy"の曲の中で、
"I ain't tryin to rush nuttin, Cuz I aint rushin"という台詞があり、
それを、ジョエルが、
"I'm not rushing, 'cause I'm not Russian"と聴こえる、
と指摘して、「面白いな」と言っていた時の事とか。


そういう、
”その曲を聴いていたときの情景、思い出、空気の感覚、当時感じていたこと”
などを、
その曲を聴く事によって、色々思い出します。


*****

とにかく、
良いアルバムたちです。




もっと若い頃、
つまり、18歳から23歳くらいまでは、
一つのアルバムが出るまでの期間である、
2年から3年というのは、
非常に長い期間であり、
その2〜3年の間に、
自分の人生、及び自分の様子も、
思いっきり変わっていたので、
その「2〜3年」というのは、
「非常に長い期間」という感じだったのですが、


今は、
「2〜3年」は、
結構、早いもの、
という感覚です。


恐らく、
自分の性格や人格も、
二十歳前後の頃の様に、
そんなにもう変わるものでもないし、
仕事に一度付くと、
学生時代のように、
環境がころころ変わる、ということもないから、
一年間で起こるイベント数が少ない、
よって、1年という期間が、学生時代よりも短く感じられる、
というのもあるのでしょう。


*****


とにかく、初めてThe Black Eyed Peasを聴き出したとき、
それは2005年で、
彼らはまだ3枚目のアルバムを出したばかりで、
そして、
彼らはまだ、30歳前後だったわけです。


それが彼らも、もう37歳前後です。



時は確実に飛んで行きます。
Time flies, man.

2012/5/30 20:54

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索