February 27, 2012 23:54

「Facebookに感謝」


今回、彼女と婚約したことを、Facebook上のステータスで変えると、たくさんの人から、「おめでとう!」って言葉を頂いたり、likeを押してもらったりする。

その数を見ると、「あれ?俺って、50人以上も友達いたの!?」みたいに思うんだけど、
実際にlikeを押してくれたり、メッセージをくれた人の顔を見て行くと、確かに、みんな自分の友達なわけで。

そうやって、いろんな人に、一緒に喜んでもらえるっていうのは、すごくありがたいことだなと思った。


で、更には、
自分のFacebookの友達の数を見ると、190人近くもいる。
「俺、本当にこんなに多くの人と知り合いなの!?」って思うんだけど、
で、さっき実際に一人ずつの顔を見て行ったら、確かにみんな知っていた。


もちろん、Facebook上にはいないけど、すごく中の良い友達とか、今は連絡が取れなくなっているけど、かつてすごく親しかったり、
近かった人、
ましてや、今までの人生で、少しでも会話をしたりして、巡り会った人を数えて行くと、
きっと、とんでもない数になるわけで。


そう考えると、
人生ってすごいな、と思う。


多くの人に出会って、
その人たちと、少なからず沢山の時間を共にして、
彼らと話し、考え、何かしら影響されて、
今の俺という人間ができあがってきたわけであって。



*****


明日は、留学時代に仲の良かったギャレットと会う。
彼ともずっと音信不通だったが、先日俺が彼をFacebookで見つけて、連絡が取れて、
結果、明日会うことになった。


こう考えると、
Facebookに感謝。

Facebookは元より、
Eメールとか、
今から二十年前には無かった技術のおかげて、こうして、
一度音信不通になって、今はどこに住んでいて、何をしているかわからない人と、また会えるわけで。

それを考えると、
今の時代って、素晴らしいと思う。



先日の新聞でも、
Facebookの悪用に注意とか、
mixiに私的なものを投稿した芸能人が問題になったりとかして、
「やっぱりインターネットは怖いですね」なんて言う人もいるわけだけど、
俺は、それはその人が使い方を間違っているだけで、
うまく使えば、
こんなに便利なモノはないと思う。


*****


昔から人類は、
今よりももっと、
「こんなのがあったらいいな」と思うモノを、開発して、生きてきたと思うし、


「今よりも、昔の方が良かった」というのは、
まるで、今までずっと馬しか無かった社会に、車が登場して、その車で引き起こされるネガティブサイドばかりを見て、
「やはり、車なんてモノがでて来るよりも、
馬だけの時代の方が幸せだった」と嘆いているようなものだと思う。

車があれば、馬だけでは行けなかった様な場所に、一瞬で行くことができるわけであって。


*****


今の世の中は、
昔に比べて、オプションが増えているだけ。

それは、「選べる」という、
幸福があること。
(それはあくまでも、「現代の日本」という、囲まれた国にいる自分の場合だが)

その恩恵を最大まで生かして、
より良く生きたい。


*****


友達のありがたさの話から、
何か話題がズレましたね。

2012/2/27. 23:54




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索