April 14, 2012 00:01

「感謝感激、触発の日々」

2012/4/13(Fri) 23:55〜

さて、かなり眠いですが、
本日もとても良いことが沢山あったので、
忘れない様に書いておきます。

*****

改めて、自分は今の会社に、
本当に良い思いをさせてもらっているなと、
つくづく思います。
しっかり貢献しないとな、と思います。


今日は、午前中は、
今研修中の課にて、
原価計算の研修。
課長が自ら、
2時間くらいかけて、講義をして下さいました。

いきなりピンポイントの原価計算の話をしても、
全体像が見えないので、
最初に、うちの会社の売り上げの仕組みや、
損益計算書、
貸借対照表などの話をして下さり、
俺はこの内容を、数ヶ月前に自分で勉強していたので、
「おお!実践で学べる!」と、
勝手に興奮していました。

キャッシュフローの話とか、
減価償却費の話とか、
本で読んでいただけじゃなく、
こうして実践で、自分の会社の状況を当てはめて調べられると、
かなり嬉しいです。

ちなみに課長曰く、
実際に、営業の人は、
こういうことが分かる人が少ない、
もしくはいないと言います。

俺の友達のSも、
彼はこう言う事を前職でやっていたり、自ら勉強したりしていましたが、
「実際に、40代とかになって、
こういう事が分かっていない営業マンや上司ってダサイじゃん?」
という話から、彼も学び始めたそうですが、
俺も、やはり会社の動きや、全体像、
そういったものを常に掴んで、
経営者の視点で仕事をしていたいので、
こうしたことが、実際に実践で仕事を通して学べる環境にいることは、
とても嬉しい限りです。

*****

その後午後は、
13時から、近くにある、
この地元では有名な旅館の大部屋や広間を借りて、
この町がある市の職員からの、
激励会がありました。

これは、今日初めて知りましたが、
どうやら、この市は7年前に合併してから、
過疎化が激しいとのことで、
人口が減少しているのもあり、
それも含めて、こうして地元に就職をしてくれる人たちには
本当に感謝をしている、ということで、
こういう「地元就職者の為の激励会」
というものを、実行して下さるそうです。

俺は正直、
一年近くだけこの町に滞在して、
来年には東京に戻るのですが、
それでも、こうした場に参加をさせてもらっているので、

また、対象はこの町に就職をした「新入社員」であるので、
みんな、若い子は18歳から、
上でも大学院卒の25歳の中、
俺は中途で28歳と、
大変申し訳ないのですが、こうして参加をさせてもらっています。

もう、感謝する以外ありません。

*****

ここでは、
ゲストスピーカーとして招かれた、
富山県議会議員の奥野詠子さんに、
1時間ほどのお話を聞かせて頂きました。

とてもお話の上手な方で、
その会場にいた70人以上を完全に飲み込んで、
場の雰囲気を自らのペースに作り上げて、
お話を堂々とされていらっしゃいました。

あの辺りが、
29歳で出馬表明、
30歳で当選、
現在若干31歳という、経歴の証拠でしょう。


彼女のお話には大変感激させられたので、
質疑応答では真っ先に手を挙げて、
「実際に議員になられる前と、なられた後で、
気づかれた事、
または、日本国民はもっとこうしたら良いのにと、
感じることなどはありますか?」との問いにも、
「かなり難しい質問ですね」との言葉を先頭に、
彼女が大阪の橋本氏の政策に対してどう思うか、
また、震災後のがれき処理の政府の指針に関してどう思うかなど、
彼女が持つ本音の意見を、
ズバッと言ってもらいました。

なので、聞いていて、
とても芯が強く、自分の意見を通される方なんだなと、
感心しました。

*****

彼女が言っていた事で、心に残った事。

「人生は、どんな決断をしようが、
必ず自分の責任になるのだから、
自分が本当にしたい事を、追求した方が良い」

「日本人は、
国が安定してから、
考える事を辞めてしまった。
そして、今国がギリギリの所に来て、
初めて、『これじゃまずい』と気づき始めた」

「一番大事な事は、自分のアタマで考えられる人間を作る事であり、
その人間を作るのが教育なので、
教育が一番大事。
今の日本は、結果を直ぐに早い段階で求めがち。
教育は、20年から30年、ジックリと政策を行ってみて、
結果が分かるもの」


など。

*****

上にも書きましたが、俺は現在28歳で、
彼女は31歳。たった3つ違いで(生まれた歳は2年違い)、
こうして議員として力強く活動されている方の姿を見て、
「俺、このままじゃやべえな」と、
とても触発されました。

もっと勉強して、もっと視野を広くする為に、
もっと頑張らねえとと、強く思いました。
さもなくば、井の中の蛙で終わってしまいます。

(ちなみに奥野さんは、講演が終わった後に御礼を伝えに行き、
「ぜひ今日お話をお伺いして感じた事を後でお送りさせて頂きたいのですが」
と伝えると、名刺を交換して下さいました。
ちなみにとても綺麗で美人な方です。)

*****

その後は、15時過ぎから、
その旅館の二階に上がり、
大広間で、和の作法の研修。

立ち方から、お辞儀の仕方。
(「真」、「行」、「草」の3種類がある。)

立った場合のお辞儀と、
座布団に正座をした座った場合のお辞儀の仕方。

手の置き方、背骨の角度など。

また、その後は、
お茶とお菓子を出されて、
その召し上がり方、作法など。

その後は、何とその旅館のフルコースが出されて、
お酌の仕方から、
召し上がり方など。


まさか、昼食をがっつり会社で食べた後に、
16時過ぎから、
そんな、フルコースが実際に出るとも誰も知らず、
みんな、かなりお腹いっぱいになっている中、
嬉しい悲鳴を上げて、食事を頂きました。

お刺身に、茶碗蒸しに、おそばに、
和菓子に、お吸い物、お味噌汁、
などなど・・・。

それも、フランス料理の様に、
時間差で出してこられるので、
これが最後と思い、お腹が一杯の中、
何とか食べきったおそば。

腹がはち切れそうなその後に、
なんと、お味噌汁とお新香と、
炊き込みご飯(大きなお茶碗一杯分)、
及び、デザートのフルーツが運ばれて来た時には、
ショックを受けている自分がいて、
そのショックを受けた自分を客観的に考えると、
可笑しさのあまり笑いが止まりませんでした。

*****


28歳にもなって、
新入社員と一緒に研修を受けさせて頂き、
和食の食べ方のマナーを教えて頂き、
素晴らしい議員のお話を聞かせて頂き、
更には、フルコースまで食べさせて頂いて、
これでお給料を頂いているなんて、
マジで、この後、
ガッツリと会社に貢献しなきゃいけません。

*****

私の会社、
及び、神様、
毎日ありがとうございます。

明日は土曜ですが、出社なので、
頑張ります。


2012/4/14 0:22



追記:
ちなみに、先日のLenny Kravitzもそうですが、「この人はすげえ!人間としてかっこ良い!」と思える人と、直接お会いして、その人とお話をしたり、または近くで実際に触れ合えたりできることは、
自分に、「もっと頑張って、もっと大きな人間になろう」と心から思える刺激をくれます。


こうして、そんな方々とお会いして、
実際に刺激をもらえることは、
非常に幸せだと思います。








トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索