April 12, 2012 21:25

"The Hangover Part II"

HangoverPart2MP2011

邦題は『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』。
1の方は、彼女と一緒にDVDで二年くらい前に観ました。

相変らず、ブラックユーモア満載で、
目を覆いたくなる様なギャグのシーンが多々ありました。

何よりも声を上げて一番笑ったのは、
ストュー役のエド・ヘルムズ(歯医者)が、
今度は、顔に思いっきりマイクタイソンと同じ入れ墨を入れていた事でしょうか。

前回は、歯が抜けていましたが、
今回は、バスタブでブラッドレイ・クーパーに見つけられるや、
思いっきり顔に入れ墨が入っていたので、
もう爆笑でした。

後は、途中でジェイルから出て来たお坊さんのおじいちゃんが持っていた、
テディの、Ballyの会員証を刑務所の人間に見せながら、
「Does he look like he works at Bally in Palo Alto?」みたいな。

俺もLong BeachのBallyに通っていたので、
余計ウケました。

*****

後は、バンコクでエド・ヘルムズが寝た女が、
実は、オカマだったという。

その後のエド・ヘルムズの凹み様がとてもウケました。

*****

とにかく、アメリカ人が大好きそうな映画です。
ザック・ガリフィアナキスのあの人をムカつかせる演技を見ると、
ノアを思い出してしまうのは僕だけでしょうか。

彼が、エド・ヘルムズの結婚式の前夜のパーティーのスピーチで、
インデックスカードを何枚も重ねながら読んだ後、
「Nobody knows him as I do. Not you, not you, and NOT YOU.」
と言った後に、
「これは彼の初の結婚じゃないことも。彼はかつて、ラスヴェガスで売春婦と結婚して・・・」
とまで読む辺りとか、
彼の味を出しまくりです。

2012/4/12 21:23



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索