January 08, 2012 19:56

LOST日記:シーズン5 第13話、14話、15話

miles1


それぞれ、
マイルズ(『父という存在』)、
ダニエル・ファラデー(『変数』)、
そして、ジョン・ロックの『リーダー』の話です。

*****

マイルズの話は、
とても感動でした。

俺は、この回が来るまで、
マイルズの父親が『ナマステ』のチャン博士だとは
気づきませんでしたが、
彼が、自分の父親に実は愛されていた、ということが分かり、
とても良かったです。

(これには続きがあって、
15話の終わりの方では、
潜水艇に子供の頃のマイルズと母親を乗せるのに対して、
チャン博士は怒鳴りますが、
これは、二人を愛していなかったからではなく、
彼らを確実に潜水艇に乗せ、
この島から非難させる為でした。
それをマイルズは横で見て、
その父親の行動の真意に気づいたのです。)

*****

daniel_faraday_lost_by_archer120-d35a3o1


ファラデーの回も、
とても悲しいもでした。

彼の前回の『定数』も面白かったけれど、
今回の『変数』も面白い。

彼が出て来ると、話がサイエンティフィックになって、
とても興味深くなります。

彼は、相対性理論を勉強すればするほど、
『未来は変えられない』
『一度起こった事は変更出来ない』
という『真理』に行きつく訳ですが、
そんな彼も、その『定数』に拘りすぎて、
肝心な、『変数』の存在を忘れていた、と。


そして、その『変数』とは、
彼ら、つまり人間である、と。

感情を持ち、自分の意思を持って
行動をする『人間』が、
既に起こった物ごとを変えるきっかけとなる、
『変数』となる、と。


彼の演技も、とても好きです。


*****


そして、最後はジョン・ロックのストーリー。

彼は今では、『リーダー』となり、
『The others』をぐいぐいと引き連れて、
ジェイコブを殺しに行こうと企んでいます。

その後ろで、
心配するリチャードと、ベン。


ベンは、今では完全にロックに主導権を握られ、
とても可哀想です。

彼が唯一、他の者に勝つ方法は、
ベンお得意の『心理作戦』ですが、
(その時に目を見開いてエイリアンの顔をする)
それも、KYのロックには通じません。


ジョン・ロック。

LOSTが始まった最初の頃から、
完全にアウトローの野郎でしたが、
今では、自分が一度生き返った事も含め、
自らに信念を持ち過ぎです。



行き過ぎる彼を見て、
溜め息を付くリチャード。

それに対して、ベンが発した言葉。

"Why do you think I tried to kill him?"
(殺したくなるだろ?)


ロックの後ろ姿を見ながら、
ひそひそと囁くベンとリチャードを見て、
その二人側を応援したくなってしまうのは
僕だけでしょうか。

*****


さて、そんなわけで、
話はどんどん面白くなって来ます。

やっと潜水艇に乗り込み、
滅多に言わない、
"I love you back"の台詞を言ったソーヤーと
ジュリエット。

水入らずの二人の間には、
"Ms. pain in the ass"のケイトが
駆け込んできました。

来んなよお前!!笑

*****

さあ、どうなるのでしょうか。

そして、久しぶりに現れたサイード。

がんばれサイード、ベン、リチャード!!

2012/1/8 19:55




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索