December 29, 2011 18:32

LOST日記:シーズン4 第8話、9話

ben-in-tunisa-2


それぞれ、マイケル、ベンの話です。

*****

マイケルの方は、
どうもはっきりしなくて、
見ていてイライラします。

彼は、子供を抱えつつも、
まだまだ、自分自身が子供なんだという気がします。

きっと、不器用な人間なのでしょう。
(俺が言うのもなんですが)

しかし、息子ウォルトを思う気持ちは、
誰よりもピュアなわけです。

*****

そして、ベンの話。

フラッシュフォワードは、
2005年10月の、サハラ砂漠、
チュニジア、そしてロンドンなどを行き来します。

サイードがやっと結婚した奥さんは、
殺されてしまったようです。

そして、ラストのシーンで、
ベンが話す、ホテルの最上階に泊まる男性は、
なんと、チャールズ・ウィドモア。

彼が言います。

"The island is mine, it always was, and it will be again."

元々、島は彼のものだったということですか?
そして、それがベンのものになったと?

この二人がまさか繋がっているとは、

そして、ベンが、アレックスを殺された今、
仇として、チャールズの娘、ペニーを殺そうとしています。

デズモンドに幸せは訪れないのでしょうか。

*****

また、あの黒い煙は、
ベンが始動させることができるようです。
あれは何なのでしょうか。


それにしても、アレックスが可哀想です。

自分が殺される前に、
相手への脅しとはいえ、
"She is nothing to me"みたいなことを言われて、
しかも、そのまま殺されてしまいました。


ベンは、その後硬直していました。

可哀想なベン。

*****

話はどんどん面白くなってきます。
段々と推理小説のようになって来ました。

そして、彼女曰く、
俺はまだ、『お茶のフタ』の中だとか。
俺的には、もう既に、
お茶の缶を飛び出していたと思ったんだけれど。
(詳しくはこちらを参照)


彼女曰く、
この後、シーズンい任蓮∋廚い辰り東に行き、
ここまで東に来たら、もう引き返せないだろうと思いきや、
シーズンイ任蓮∈E戮六廚い辰り西へ行き、
その後、シーズンΔ任蓮▲屮薀奪ホールへ突入するそうです。


そして、最終回の最後の5分では、
もう、想像もつかないとか。

******

さあ、どうなるんでしょうか。

がんばれ、サイード、ベン、デズモンド!!

2011/12/29 18:32




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索