December 17, 2011 13:28

「11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業」by 田口 智隆

11sai


簡単に1時間以内でささっと読める本。
「経済」と銘打っているが、
要は、「お金をただ持っているだけじゃなく、投資をした方がいいですよ」という主張の元、投資の仕方を簡単に説明した、という内容の本。
後は、保険会社のからくりなど、コネタが詰まっている程度。

命題に「バフェット」とあるから、バフェットの教えが満載かと思いきや、
そうではなく、バフェットは読者の注目を引きつけるための道具で、
後は、筆者の若い頃のどうしようもない経験談、
及び、彼の考えが書いてあるだけ。

また、文字が大きく、
やたらと行変え、単文、会話調が多いため、
内容は、「ちょっと厚めの小冊子」程度の内容のみとなる。

******

ただ、バフェットが6歳でビジネスまがいを始めていた事や、
11歳で、投資を始めていた事に対して、
面白くツッコミをしているのは、読んでいて笑えた。

(この書き方に関しては、
彼のスタイルにすぐに馴染める人はいいが、
生粋のバフェット好きで、バフェットを期待して
この本を手に取った人などが読むと、
「ああ〜?全然バフェットの教えが無えじゃねえか〜!?」
と、頭に来てしまうんじゃないだろうか。)


恐らく、「経済」に興味が無いが、
「お金を増やしたい」と思っている層、
または、経済の知識が無いが、
「バフェットって、よく聞くけど、誰なんだろう?」
と思う層に対して、
タイトルに「バフェット」の名前を拝借することにより、
うまく彼らの興味を引いて、
後は、簡単な用語の説明程度プラス、筆者の簡単な考えを足しただけの本、
ですね。

2011/12/17 13:25



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索