November 25, 2011 00:19

"Punch-Drunk Love"

Posterpdl


邦題は『パンチドランク・ラブ』。
アダム・サンドラー主演のロマンティック・コメディ。

とても良い映画だった。

撮り方が、
カメラを固定して一定の情景を、
そのまま静止画の様に撮る、という手法。
最近のアメリカの映画には珍しいんじゃないでしょうか。

監督、脚本は、ポール・トーマス・アンダーソン。
とてもいい味を出していました。

*****

アダム・サンドラーは、
普段はおとなしいが、
何かあると、急にキレて、
モノに当たる性格を持つ。

そんな彼が、
生まれて初めて、恋をする。

その恋人のために、
自分が陥ってしまったテレフォン・セックスののサービスコールから派生したクレジット・カードのトラブルにも、自ら真正面から体当たりして行く。

ちなみに、その詐欺事件のボス役は、
フィリップ・シーモア・ホフマン。
最近観た映画の中で、
「マネーボール」、「ミッションインポッシブル3」と、
3本目ですね。

今度観たい「あの頃ペニー・レインと」"Almost Famous"にも出ていますね。

*****

良い映画でした。

見終わった後、懐かしい感じがします。

2011/11/25 0:19




PS:
ちなみに、アダム・サンドラーは
「再会の街で」"Reign Over Me "でも演じていたけれど、
こういう、何かトラウマなり、心の病なりを持った人格を演じるのがうまいよね。



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索