November 17, 2011 22:42

“In the Land of Women”

images


邦題は、『ランド・オブ・ウーマン/優しい雨の降る街で』。

いつも思いますが、何で洋画の邦題は、
こういう、『優しい雨の降る街で』的な、
どうでも良いサブタイトルが入るのでしょう。
誰がこういうのを決めるんだろうね。

*****

副題はどうでもいいですが、
観ました。
最近、毎日映画を一本観ていますね。

今日は観る予定はありませんでしたが、
昨日入った”hulu”の無料お試しで、
彼女がもう何年にも渡って、
俺に観る事を薦めている“LOST”を観ようと思って、
(LOSTを観る為にhuluのお試しに入りました)
第一話目は観たことがあったけど、
一応、かなり前の話だったので、
もう一回観ようと付けたら、
いきなり飛行機がクラッシュしたシーンで、
とても悲惨だったので、
夜ご飯を食べながらでは余り落ち着けないと思い、
適当に、ラブコメディで落ち着いたのを選んだのが、これでした。

*****

主演はアダム・ブロディ。
他に、クリステン・スチュワートとメグ・ライアンも出ています。
俺はクリステン・スチュワートとメグ・ライアンも好きですね。

メグライアンは、ああいう綺麗なお母さん、
たまにアメリカで見かけるよね、という感じの人ですね。
最近あまり見なくなったと思いきや、
久しぶりに映画で見れたのでよかったです。

(ちなみにこの映画は2007年の映画だったんですね。全然存在を知りませんでした)

c0012914_7311488



******

ストーリーは割愛しますが、
とても良い映画でした。

アメリカの家の様子とか、
スーパーの様子とか、
学校の夜の校舎の感じとか、
”雰囲気”が良く出ていたので、
こういう映画は、非常に好きです。


アダム・ブロディは、俺は「Mr. and Mrs. Smith」でしか知りませんでしたが、
彼は”OC”で随分有名になったみたいですね。
彼は、面白い話し方をしますね。
舌足らずというか。


クリステン・スチュワートは、当時多分16歳くらいです。
若いですね。
とても綺麗です。


で、メグ・ライアンは、
当時44歳くらいですね。
綺麗な方です。
最後のシーンで、乳がんの治療の為に、
髪を剃ってしまうのは、
ショッキングでした。




この映画は、
主人公のアダム・ブロディが、
自分の彼女にいきなりフラれて、
その後、おばあちゃんの住むミシガンに移ってくる訳ですが、
そこで会う、お隣の家のメグ・ライアンと知り合い、
その娘のクリステン・スチュワートともハングアウトする中で、
色々な人間模様を垣間みる事になる、
という話です。



母親は、自分の娘に対して、壁を感じているし、
娘も、母親に対して、勝手な怒りや反感を持っています。

お互いが、全く関係ないアダム・ブロディを通して、
そして、母親の乳がんの治療による辛い時期を通して、
お互いの壁を突き破り、
初めて、母娘として、
本当に知り合える、という話です。



そして、アダム・ブロディと彼のおばあちゃん役のオリンピア・デュカキスのやりとりが面白い。


アダム・ブロディは、間がうまい俳優ですね。
コメディに非常に合っていると思います。

*****

非常に後味の良い映画です。

2011/11/17 22:41







トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索