October 10, 2011 11:27

「天才!成功する人々の法則」by マルコム・グラッドウェル

415vaFIXnlL


原題は、「OUTLIERS: The Story of Success」 by Malcolm Gladwell.

この本はまだ読み出したばかりだが、
中に面白い法則がある。
「1万時間の法則」。

何ごとも、その道の凄まじいプロ、
卓越した技術、突出した存在感の人物は、
成功するまでに、1万時間を要している。

モーツァルトの事例、
PCの主なプログラミングを書いた、ビル・ジョイの事例、
ビートルズの事例、
ビル・ゲイツの事例、などなど・・・。

「天才」と呼ばれる人たちは、
それまでに、合計1万時間ほどの時間を、
それに費やしてきている。





例えば、計算してみた。
自分が社会人になって、3年が終わった。
今は3年と2ヶ月目。

一日、12時間働くとして、
(俺の場合、10時に出社して、23時まで会社にいて、
ランチの時間を1時間抜かすと、一日12時間となる。)
それを、平均月に22日。

22日×12時間=264時間/月。
264時間×3年(36ヶ月)=9504時間。


つまり、「とりあえず3年働け」と言われるけど、
あれはまんざら、まちがっているわけではないということですね。

ただし、それを嫌々手を抜いてやっていたら、
全く意味はないけどね。

それを極める心意気で、
10000時間やり遂げたら、
必ずや、何かしら突き抜けてくる訳です。

*****

と、まだちょっとしか読んでいないけど、
触発されたので、
感想を書きました。

また何かあれば、書き加えます。

2011/10/10 11:27am





トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索