September 20, 2011 00:00

"Love Love Love" by Lenny Kravitz

cd-cover


最近、仕事の帰り道、
この曲が聴きたくなる。

この、極端なリズムが聴きたくなる。

特に、仕事で頭をフル回転させて、
超疲れた後、
このリズムが、無性に聴きたくなる。

、、、、、、

初めにこの曲を聴いた2008年の頭、
カッコよさとダサさが、
際どいラインで重なり合った曲だと思った。

プロモーションビデオも、
ぶっちゃけ、際どいラインを行っている。






彼の作る曲は、
彼の独特の世界を反映する為、
誰も真似できないというか、
他の人間がやったら、
絶対にダサくなるメロディ、
及び、リフを作り出す。


この曲も、
途中の早口の部分なんか、
正直、カッコ良いのか、
ダサいのか、分からない。

でも、彼は、
そんなの関係なく、
「オレ流」を通していて、
その、隙のなさが、
(そのエクストリームさが)、
カッコ良くみせる。

「あ、これって、
何かダサい気がするけど、
レニークラヴィッツが自信満々でやってるから、
カッコ良いのか?!」的な。



今日の夜、
後輩と、住友ビルの下で、
缶コーヒーを飲みながら、
十五分ほど語った。


彼女の表情は最近変わった。
前まで、あどけなさが残る、
25歳の女の子の顔から、
責任感のある、
大人の女性の顔へと変わった。

それを言うと、
先月末、
自分が、今の部署を引っ張っていくと、
覚悟を決めたらしい。




人が、覚悟を決め、
立ち入る隙をなくす時、
周りには、その人は、
かっこ良く見える。



レニークラヴィッツのこの態度と、
後輩の覚悟、

その二つには、
似通ったものがある。


、、、、、


もう一個。
彼のこのアルバムで、
この曲の次の曲。
"If You Want It".





この曲の言わんとする事は、
"If you want it, you can change your world today".


「お前の覚悟次第で、
お前の世界は、
この瞬間にも変えられるんだ」と。



同じ事を言ってるよね。



今夜話した、後輩との時間。
そこで感じた、人の「覚悟」に対する、潔さ。かっこよさ。

そこで、帰りに聴きたくなったレニークラヴィッツの曲に通ずるもの。

そして、その曲の後にクレジットされている、
曲の持つ、メッセージ。


そこに繋がりを見出した、
帰り道。


2011/9/20. 0:00


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索