May 27, 2011 00:22

「ゆるい生き方」by 本田直之

9784479792895

3月の頭に、
高校の親友のSの家に行ったとき、
そこに置いてあった本。

ずっと気になっていた。

一昨日ゲット。


*****


この本では、
「ゆるい生き方」を紹介している。


「ゆるい」と「サボる」は違う。


「ゆるい」は、
力を入れずに、
しかし、きちんと目的地に向かっていることであり、
「サボる」は、
全く目的地に向かわずに、
ただ、同じところで時間を潰すこと。




この本を最初にSの家で読んだとき、
「家の照明に気を遣う」とあった。


蛍光灯じゃなくて、
白熱灯を使う。

頭の上から光を照らさずに、
部屋の隅にスタンドを置く。
(アメリカとかのように)


これは、俺も家でやっている。
頭の上から光を浴びると疲れるけど、
夜は、部屋を暗くして、
明かりをちょこっとだけ付ける。




あとは、
「エレベーターで、閉めるのボタンを押さない」とか、
「意味もなく海に行く」とか、
「五感をゆるくする」とか、
その他いろいろ。



でも、今日読んだ中で、
1番響いたのは、
「仕事は"正しいか、正しくないか"で判断し、
プライベートは、
"楽しいか、楽しくないか"で判断する」ってことかな。


で、最終的には、
仕事も、楽しいか楽しくないかで決められる様になるってこと。
つまり、会社にぶら下がらない生き方をするということ。





俺は今、日本の中の、
首都圏で、
毎日通勤電車に乗る日々を送っているわけで、
そんな中で、そんな「常識」とやらにマインドをセッティングされて、自分の人生をロックされてたら、
元も子もないよね。


オレは気がつくと、
せっせと真面目に働いてしまうから(プライベートの時間でも)、
で、そんなのは効率も悪いし、
疲れるだけだから、
意識づけてゆるく生きないと。

(先日彼女に言われた。
俺は、休みの日でも、マジメに考え過ぎて、根詰めて疲れてしまうから、
意識して、ダラダラ、
グダグダしてね、と。笑)

2011/5/27. 0:15am







トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索