March 24, 2011 01:28

「仕事あとの3時間、学びのじかん」

2011/3/23 23:50頃〜

今帰り道。
自宅待機が解けて、出社2日目。
今月は地震の影響で、
営業時間を朝の10時から、夜の19時にしている。
(通常は朝の11時から夜の9時まで)

朝は早くなるが、夜は7時きっかりに営業を追えて、
7時半にはオフィスを出るようにしているから、
非常に頭が冴えているし、効率が良い。

普段夜の9時まで営業して、
そこから事務作業をやっても、
正直疲れているし、頭はまわらないし、
ぶっちゃけ効率めっちゃわるいからね。

それに比べて、今の時間制度はいい。やっぱり朝早い方が絶対に良いよ。

****

今日は、夜7時半にオフィスを出て、普通に帰るつもりだったけど、F部長がたまたま帰りが一緒で、『何か食ってく?』と誘ってくださり、そのまま一緒にいたMとAも一緒に、四人で住友ビルの上のワインバーに行った。
そこで、ピザとかを食べながら、主にF部長の話を聞いて、色々考えた。

****

Fさんの話は、凄く面白かった。
彼はモノゴトの全体像を見て、それを分析し、モノゴトの位置づけをするのが非常にうまい。

だから、自分の事も、客観的に見ているし、相手と自分の関係も冷静に見て分析できているので、自分がどういう場でどう出たら、どうなるのかを、把握した状態でモノゴトに携わっている。

それは、仕事に置いても、仕事上の人間関係においても、全てにおいてそう。

自分が他人に取ってどう映るか。
自分がどうアクトしたら、相手にはどう映るか。相手はそれからどう感じるか。
それを自分で良く分かっていると、ある程度はその場をコントロールできるし、純粋に楽しい。
それが出来てこそ、俺のカウンセリングの場にもそのまま使えるし、それは仕事をする上で、どんな状況でも使える。

他にも、俺自身で言えば、もっと自分を出した方が良い話とか、
自分をうまくコントロールして、どんなお客さんの前でも、自分を出せる様にするにはどうしたら良いかを分析することとか、

例えば、カウンセリングにホワイトボードを使って、ビジュアルでどんどん書く話とか、
俺の旅の体験を、色々なツールを使ってお客さんとシェアすることとか、
色々アドバイスをもらった。


俺は良く言われるけど、
自分がこうと思う型に勝手にはまって、それゆえ自分を出せずに、つまらない奴になってる事が多々ある、と言われる。
(主に組織内で。)

そこには、人にどう思われるかとか、そういうのを気にする自分の昔ながらの性格もあるのかもしれないし、
中学時代に経験した事で、人前(数名以上のなかの空間)で、自分を出す事を怖がっている自分がいるのかもしれない。

まあでも、1人のお客さんの前でも自分を最初から出せないのは、
やっぱり、バリヤーを他人に対して張っているんだろうね。

明日は、蝶ネクタイをしめて、
メガネをかけて、
カラコンを付けて、
「ボク、アメリカで目の色も変わっちゃったんですよ〜」
って言って、胸から色付きのハンケチーフを出して、
登場してみるか。

*****

上のところまで書いてて、
さっき帰って来て、シャワーを浴びて今、
日付が変わって1:25amです。
もうフラフラです。寝なきゃ。


頭が回っていないのでクリアに書けないけど、
とにかく今日は楽しかったな。

普段は夜の11時過ぎまでオフィスで働いてたけど、
夜の8時前に出ると、
今日見たいに3時間飲んでも、
まだ11時前。

人は、朝の時間が勝負っていうけど、
本当だよね。
一日を効率よく使うには、
朝早い方がいいよ。
12時前ギリギリの出社なんて、マジで効率悪いかんね。


****

とにかく今日は楽しかった。
Fさんに感謝です。
彼のおかげで、色々触発されて、学んでいます。

どんどん自分から、話しかけて、
学んで行こう。

2011/3/24 1:27am



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索