March 12, 2011 09:53

「地震直後の心境」

今新宿のネットカフェにいる。

昨日、地震が起きた。
俺はオフィスでカウンセリング中だったが、
急に揺れ出した。
ビルの19階に入っているので、
建物は物凄く揺れた。
最初はちょっと興奮したが、
すぐに、これはまずいと思い出した。

カウンセリング中のお客様、
英会話レッスンに参加中の会員様、
そして、うちのオフィスのスタッフと一緒に非常階段で下に降りて、
住友ビルの前で1時間以上待機した。

結局その後は、そこで解散となり、
自宅に帰れる人は帰ったが、
列車はすべてストップ。
TAXIも全て長蛇の列で、
一先ず会社の先輩たちと居酒屋に入る。
そこで数時間過ごし、
状況を見るが、
昨日一杯は、全線運転見合わせという事で、
新宿の工学院大学で一夜を明かす。

今は朝の9時45分頃。
やっと山手線が再開したので、
様子を見計らって、横浜の自宅に帰るところ。

心配なのは、横浜の自宅で、
彼女が一人、待っていること。
昨日から凄く不安そうな声で、
一人で怯えている。
俺の自宅はマンションの8階にあるから、
数十分おきに、かなり揺れるらしい。
下に直ぐに下りたところに公園があるので、
そこで数時間待機してたみたいだが、
何回も上と下を往復して、
一人で怖がりながら一夜を過ごして、
本当に申し訳ない。



今はこうしてネットが使えて、
Emailやfacebookなどで、
家族、日本中の友達同士で、安否確認ができるし、
Iphoneを使って、昨日は電話回線がシャットダウンしてたけど、
Viberを使って、電話もできたし、
Pingcahtとかで彼女とチャットも出来たし、
これらの機器のおかげで本当に助かっている。

*****

今回の地震を体験して。

この社会は、一つの地盤の揺らぎで、
いとも簡単に崩壊してしまうということ。
多くの死者が出たし、
負傷者の数も計り知れない。
こんな事を言うのは非常識かも知れないが、
自分の人生は、いつ終わるか分からない。
だからこそ、常に何が起きても
大丈夫な様に、備えていなければならないし、
且つ、今日を精一杯生きなければいけない。

明日が来る保障はどこにも無いのだから。

*****

とりあえず、地震後一日目の心境、状況を
記しておきたかった。
これから電車を使って、横浜の自宅に帰る。

この後、日本中が、世界中が、
無事でありますように。

2011/3/12 9:53am






トラックバックURL

コメント一覧

4. Posted by shun   March 16, 2011 22:19
Takashi君、

コメント有り難うございます!
わざわざ、ボストンの日本企業に動きかけてくれたんですね!本当に有り難うございます!

今日本は非常に大変な状況ですが、何とかするしかありません。日々の余震、及び計画停電の実施、放射能漏れの問題など問題を上げたらキリがありませんが、何とかするしかありません。
いつも本当に有難う。
3. Posted by shun   March 16, 2011 22:17
寿美さん、
コメントありがとうございました!返信が遅くなりまして申し訳ありません。

本当に、今日本は大変な状況ですが、何とか今後どうするかを考えて、動いていくしかありません。今僕の会社は、自宅待機命令が出ています。今後、自分の会社を含め、日本社会がどの様に復旧しなければ成らないかを考えなければなりません。

とにかく、寿美さんの言葉にとても励まされました。本当に有り難うございました。
2. Posted by Takashi   March 14, 2011 02:08

今回の地震で私が海外にいることで出来る事は、ただ成り行きを見守る事しかないけれど、とりあえず、自分のすべき事をしっかりとこなし、その上で募金などを考えています。
俊輔さんと俊輔さんの大切な人が無事で本当によかったです。
俊輔さんも仕事頑張って下さい!
それが被災地の人を勇気づけると思います!

僕もBostonのいくつかの会社に日本に支援や募金をしてもらえないかとmailを出しました。
これが少しでも日本の支援になるといいと思っています。

1. Posted by 伊藤寿美   March 13, 2011 06:49
俊君、たいへんな一日だったね。
私はcnnのニュースで津波の事を知って
それからHNKのライブ放送がインターネットで見れるのでずーと見ていました。ツイッターでみんなが情報を流してくれるので東京の様子や状況を遠くはなれたオランダでも知る事ができました。福岡の家族にこちらから電話したけどぜんぜんつながらなくってメールで連絡がつきました。
宮城県に元上司の方が住んでいるので安否が心配です。
コリンの国からレスキューの人達が日本に向けて出発するようです。
他のヨーロッパの国からもぞくぞくと日本の救援活動にいってくれるようなので、なんか心強い。何もできない海外組だけど、いつも俊君や日本のみんなのとこ思っています。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索