February 26, 2011 23:23

"Collateral"

Collateral_(Movie)

2004年の映画です。
もっと最近の映画かと思っていたけれど、
もう7年も前になるのかよ、
と知ってビックリしました。

トムクルーズもいい味を出していますが、
ジェイミーフォックスがとてもいい演技をしています。

最初は、ただのTAXIの運転手で、
気弱というか、人の良さが全面に出ている性格の彼ですが、
ひょんな事からトムクルーズ演じる殺し屋に巻き込まれ、
彼と一緒に殺しの現場を回るはめになります。

途中、トムクルーズの持つアタッシュケースを奪い、
彼の殺しを辞めさせる為に、
道路の上の歩道橋から、彼のケースを投げ下ろします。

その結果、彼はトムクルーズのボスの所まで行き、
直接、殺しのターゲットの資料を取りに行かせられる羽目に
なるわけですが、
その時、最初はビビりながらその場まで行き、
ボスの前でも、詰められて、最初はビビっているわけですが、
途中から、急に腹を据えて、態度が変わります。

その時の彼の目つきがいい。

その後は、徐々にですが、
彼の演じ方も、変わって来ます。

最初は本当に、怯えた善人、
という感じでしたが、
次第に、トムクルーズに楯突き、
最後は、最終ターゲットである女性を守る為に、
一気に勇気を振り絞って女性を守ります。

その、彼の「普通の人」が奮闘している様子が、
トムクルーズのプロの殺し屋っぽさとうまく相対していて、
とてもいい。


*****

また、撮影地も、
LAのダウンタウンなど、
留学していた頃の場所が出てくるので、
あの、LAの落ち着かない感じが良く出ていて、
とても良かったです。
(最後、彼らがメトロを降りるシーンは、
Long Beachでした。)

Jamie_Foxx_in_Collateral_Wallpaper_4_1280


*****

この映画が良く出来ているな、と思った理由は、
いい小説の様に、
所々に、的確な「間」というか、
登場人物の考察とか、
人間くささ、
及び、深い言葉が隠されていた事。


例えば、
ジェイミーフォックスがトムクルーズに、
「あんたは何でこんな人間に育っちまったんだ?
あんたには、普通の人間が持っている、
大事なものが欠けている。
人の気持ちを察するという能力だ。
あんたは、他の人間が何を考えているかなんて、
絶対に分かっちゃいない」

と言った後、
トムクルーズは一瞬、
それまでは完全に無表情で、
プロフェッショナルの殺し屋だったところから、
一瞬、何かを考えた様な、
悲しそうな顔をして、
「フロイトも顔負けのTAXIドライバーだな」
と言った後、
逆に、ジェイミーフォックスに問いかけます。

「あんたは、
いつかリムジンの会社を作るなんて言っておきながら、
結局は、本気になんかなっちゃいない。
誰が、資金集めの為だけで、
12年間も、タクシーの運転手をするんだ?」

他にも、彼はバーの席で、
こう、一人呟きます。

「誰もが、10年先も今と同じ仕事をしている。
同じ生活を送る。
それが安心で、幸せだと思うからだ。

誰も、今の生活を変えようとしない。
しかし、10年先のことは愚か、
10分後に、自分が生きているなんて、
誰が分かるんだ?」

1472


*****

他にも、上のジェイミーフォックスが
トムクルーズに問いかけるシーンのところで、
トムクルーズは答えます。

「俺たちは、所詮、この広い宇宙にある、
ちっぽけな地球という名の星にくっついた、
ホコリみたいなもんだ。
その誰が死んだかなんて、
他の誰が気にすると思う?」

そのセリフを聞いて、
ジェイミーフォックスは、
一気に決意を決めるわけですが・・・・


*****

ちょっと、「ファイトクラブ」的なメッセージが込められていると思います。
要するに、いつ人は死ぬか分からないのだから、
自分の夢とやらを、ただの「夢」として考えているのでは無くて、
一刻も早く、自分の夢に本気で取りかかれよ、と。

*****

それから、最後、トムクルーズがメトロの中で死ぬ前に、
こう呟きます。

「昔、LAの地下鉄で人が死んだとき、
6時間も、誰も気がつかなかった・・・」と。


LA.

トムクルーズ演じるヴィンセントは、
LA出身ではなく、
最初にジェイミーフォックスに会った時にも、
「LAはただデカすぎて、まとまりが無いし、
世界第5番目の都市にも関わらず、
自分以外は全員が他人だ。
だから嫌いだ」と言っていましたが、
まさに、LAの実態を描いていたと思います。

*****

コラテラル。
公開してから7年後に観ましたが、
とても良い映画でした。

2011/2/26 23:22




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索