February 24, 2011 00:36

「幸せなお金の使い方」




色々なお金の使い方があるけれど、自分にとって、一番『価値があるな』と思えるお金の使い方はなんだろう?

そう考える時は、
実際に、『これを買ってよかった』と心から思えるものに出会えたとき。そして、その価値を噛み締めるとき。

俺にとってその瞬間は、
彼女や家族など、大事な人に何かを買ってあげて喜んでもらえた時や、
自分に買った何かに、至って感動したときだけど、
そんな中でも、やっぱり価値があったお金の使い方だったと思えるときは、
自分が愛する本に会えたとき。

俺にとってそれは、村上春樹のエッセイ集などに会えたとき。

彼の紡ぎ出す言葉の集まりを、
自分の手の中に持つとき、
その一冊1400円という値段に、かなりの価値を感じる。

レストランでランチを食べても、1000円。
天丼を食べて500円。
(俺は基本、食品と本代以外、
ほとんどお金を使わないので、食べ物以外の他に引き合いに出せなくて申し訳ないが)

色々なものに値段がつく中、
その『価値』をどう感じるかは、
人それぞれである。


俺に取って、
『良い本』は、
その値段に対して、
最大の価値を感じさせてくれる。

2011/02/24 0:36






トラックバックURL

コメント一覧

2. Posted by shun   February 24, 2011 13:21
takashi,

そうですね。
僕も、良い本と、良い音楽が、自分にとってすごく価値があると感じます。

昨日もこの日記を書く時に、
何に一番価値を覚えるかを考えたんですけど、
やっぱり、本と、それから自分の好きなアーティストのCDでした。

本は、その作家がかけた何百時間という時間や、その人の人生を通してえたものの集大成が、そこに入っている訳だし、

音楽は、やっぱり同じ様に、
何百時間と費やして作ったその作品を、僕らはそのアルバムを通して、何百回と聴ける訳ですからね。

takashi君の考えに全く同感です。
1. Posted by takashi   February 24, 2011 13:14

僕は人生を彩ってくれるのは、本と音楽だと思います(笑)

それに対して使うお金は惜しくないと思っています。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索