February 17, 2011 02:32

「彼女との一週間」

CIMG1910


先週の9日から、彼女が来てくれていた。
今は彼女は実家に住んでいるから、中々会えないけど、
こうしてたまに会えると、すごく嬉しい。
会える事の有り難さを身にしみて感じる。

9日は一緒に映画を観に行って(The Town)、
10日から13日までは俺が仕事だったけど、
毎日夜は食事を作ってくれて待っててくれていた。
感動です。

CIMG1881



14日、15日は俺が休みだったので、
一緒に14日は横浜八景島シーパラダイスに行った。
その日は超寒い日で、
夜は雪が降った。
本当に寒く、久々に夜、体調が悪くなりかけた。

俺は余り調べずに行ったんだけど、
てっきり夜の20時位まで開いてるかと思いきや、
閉館時間は17時半だと。
しかし、それを知らずに16時に入場した。
入る時にそれを知って、ちょっとショックだったが、
30分間ショーも観れたし、
(しかしクソ寒かった)
その後は、2つの水族館をジックリ見れた。



水族館の中には、
彼女の好きなホッキョクグマがいた。

CIMG1870



しかし、その目はとても悲しそうで、
何か、こんなに大きな体の熊が、
北極から連れてこられて、
こんな狭いオリの中にいるのかと思うと、
とても悲しくなってしまった。


セイウチも、大きな体を持ちながら、
小さな水槽にいて、
何回も泳ぎながら、ターンをしていた。

みんな、彼らは
きっと、広い北極に帰りたいんだろうな、と、
何だか悲しくなってしまった。

****

しかし、水族館は本当に綺麗で、
天井まで広がる水槽には、
沢山の魚と、サメがいた。

他にも、たこやイカとか、
くらげとか、リトルマーメイドに出てくる
恐い顔の魚とか、
なんか色々いた。

久しぶりに、水族館に行って、
何だかすごく、リラックスできた。

****

帰りは、バレンタインだったけど、
上大岡駅のタンタンを食べる。
このタンタンはマジでうまい。
タンタン麺と餃子と炒飯を彼女と半分こ。

IMG_0569

IMG_0567

IMG_0568




帰って来て、「遠距離恋愛」(原題:"Going the Distance")を観る。

Going_the_distance_2010_poster


主人公は2人とも、
見た目が決してハンサムで綺麗ではないので、
その代わり、映画の作りが
非常にポップで、良く出来ていた。

色使いや、雰囲気、
光の感じも良く出来ていた。
音楽の感じや、脇役のキャラクターも良く出来ていた。
主演の2人は、自分たちで足りない部分は
周りで埋める事を良く知っていますね。

****

その後、夜は眠れず、
明け方まで、彼女と話す。
5時くらいまで、まるで留学時代みたいに、
色々と語った。

基本は、人の種類や、
考え方、
そんな事に関して。

彼女とは、「感覚」の世界の事、
普段無意識に思っているけど、
言葉にはしないこと、
そういうことを、話し込めるから好き。

こんな風に、「対話」が出来る人は、
実際なかなかいない。

俺が留学時代も、
としさんやひろぽんなど、
そんな人たちと話をしていたけど、
あと、アルハンブラに住むクリスとか、

実際そんな話が出来たのは数える位の人で、
なので、そんな「対話」が出来るとき、
本当に脳が喜ぶ。

「I'm having a really good "conversation"」
という感じ。

それは、気が合う、ということなのかもしれない。

*****

てなわけで、15日は昼まで寝て、
その後横浜に出る。

スカイビルディングの中の、
天山という焼き肉屋に行く。
その前の晩、彼女が焼き肉のイメージを見て、
それで食べに行く事にした。

これが、かなり美味しく、
もう大満足!
1300円くらいのランチで、
ハラミの肉は2人前。
肉も、赤すぎず、白すぎず、
最高でした。

IMG_0573


最近は殆ど食っていなくて、
家族にも家族にも、
久しぶりに会った会員さんにまで、
「大丈夫????」と聞かれる始末だから、
よく食うことの重要性を感じる。
(どんだけ普段食ってねーんだよ)

その後は、横浜をぶらぶら。
クロックスのコンバースみたいな靴を見つけ、
とても履き安かった。
今度買いに行こう。


横浜駅で食べたこのアイスも美味しかった
IMG_0579


******

夜は、彼女が食事を作ってくれる。
ナスとチーズを、
肉で巻いて、トマトソースをかけたもの。
本当に美味しかった。

それと、春巻きの皮で作った
デザートを作ってくれた。
これもまた、本当に美味しかった。

IMG_0583


彼女に感謝です。

******

今回約1週間、彼女と一緒にいて、
彼女という存在は、本当に大きくて、
大事だなと感じたということです。

俺にとって、彼女はホームだし、
彼女がいるから、アウェイで頑張ることができます。

彼女がいるから、もっと頑張って働こうと思うし、
自分にはモノを買わなくても、
彼女には買ってあげたいと思う。

将来幸せな家庭を築く為に、
今は仕事をがんばんねーとな。

さて、寝ます。

2011/2/17 2:31am




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索