October 03, 2010 02:18

フジコ・ヘミング 「ラ・カンパネラ」






神が乗り移った演奏。

魂のこもった演奏とは、
こういうのを言うのでしょう。

鳥肌が立ちます。

聞いていて、泣きそうになります。


この人の人生の苦労や、
思い、
全てが、
その音に、こもっている感じがします。


ピアノという一つの楽器だけで、
これだけの感情を現せることは、
本当に凄いと思います。





トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索