August 24, 2010 02:45

心から嬉しい瞬間


自分の会員様で、
先月の終わりにお申し込みをされた、
M.Kさんという方がいる。

その方は、34歳、
家が自営業の、今は取締役の方だが、
いずれ、社長になる方。

そんな方との出会いが、素晴らしい。

先月、その方とお会いした日、
余りの感動に、カウンセリング中に、涙が出そうになった。

その人の言う言葉には、言霊があったからだ。

「物ごとは、誰もが、
99%の努力はするんだけど、
残りの1%のところで諦めちゃうんです。
最後の辛い1%を、やり抜いたら、
そこから、ぶわーっと、一気に広がるのに」

俺は先月、凄く精神的にきつかったから、
(今月も十分きついが)
その方のそのお言葉を聞いたとき、
涙が出そうになった。


そんな方が、今は、ほぼ毎日、
英会話レッスンに通って下さっている。

そんな彼と、先日会員様用カウンセリングをした。
その際に、話をしたことも、
2時間中、海外の話はほんの1割。
後の9割は、人生論みたいな事を熱く語っていた。

その彼が、凄く素晴らしい事を仰って下さったので、
その内容を、感動が冷めぬ内に、
その日は俺が日報の日だったから、
下記の内容を書いて、全国に流した。

(以下、一部を抜粋)

************


先月の終わりにお申し込みをされたお客様で、
34歳の自営業、取締役の方がいらっしゃいます。
その方は、ご自身の祖父様が起業された印刷会社で、
今は彼の父親が社長をしていますが、
時期に彼が社長として会社を引き継ぐ前に、
英語力を伸ばす為に、来年の頭から3ヶ月ほど、
留学に行くことを目指されています。

その方と、本日会員アポを行いました。

彼がその際に言って下さったお言葉は、
「僕は、*****という会社が素晴らしいと思います。
英会話に通いだして約2週間ですが、
その間に、本当に多くの方に出会えました。
先ほどあそこで話をしていたあの方とも、
英会話で知り合って、もう2回も飲みに行ったんですよ。

英会話レッスンももちろん素晴らしいのですが、
それ以上に、こうして、
海外に行く方が集まる、という環境があること。
そこで、自分がその様な人たちに会え、
人脈を作れること。
これは、本当に素晴らしいことですよ」と。

「海外に行くことによって、自分という人間や、
日本を客観的に見て、
それで、強くなって帰って来る。
そんな人を増やすことをしているこの会社は、
素晴らしいですよ」と。

そのお言葉を頂いて、本当に嬉しかったです。

私たちは、日々お客さまに感動を頂いています。
そして、何が大事なのかを、教えて頂いております。
その人の人生を変えるきっかけとなる、「何か」を、与える。
そんな素晴らしい仕事をさせて頂いているんだ、ということを、
本日、この方より、強く教えて頂きました。

************



上の内容を書いたら、
何名かの方に、
「素晴らしい会員様を増やしてるね」
「大事な事を思い出させてくれた、ありがとう。」
などの言葉を、もらった。

そして、今はうちの会社の新しいパンフレットを
製作中なのだが、
その担当者のSさんから、
「この方の話の内容が素晴らしいから、
ぜひ体験談を書いてもらえないかな?」
というオファーが来た。


その話を、今日、
たまたま英会話に来ていたM.Kさんに話した。

すると彼は、
「もちろんです。いつも色々して頂いているので、
僕が何かお力になれれば。」と。
「僕は思った事を、正直に言っただけですから」と。

そこで、Sさんがバックオフィスにいたので、
彼女を表に呼んで来て、
Mさんに挨拶をしてもらった。

すると、Mさんは、
「いやあ、僕と○○さんがカウンセリングをすると、
99%は、ほとんど海外とは関係ない話をしているんですよ。
人生論ばっかり。
でも、ビジネスなんて、そんなもんなんですよ。
僕も営業マンだから分かるけど、
お客さんとは、2時間中、仕事の話はほとんどしない。
1時間50分は、お互いに色々な話をして、
それで最後の5分で、『じゃあお願いします』と
仕事をもらってくるんですよ。

それが出来ている○○さんは、凄いですよ。
彼は、大物になりますよ。」と。

そんな言葉を、
彼が、第三者であるSさんに言って下さっている時、
俺は凄く嬉しかった。
嬉しくて顔が満面の笑みでしょうがなかった。

後で、Sさんにも言われた。
「俊輔、さっきは顔が満面の笑みだったよ」と。


お世辞でも嬉しいし、
(俺は彼がお世辞で言っていないと知っているが)
そんな言葉を言ってくれる方がいること。

毎回、お会いするたびに、
「お元気ですか?」と声をかけて、
お互いに近況を報告し合う。

そして、そんな大事な会員さん同士で、
英会話の後に、仲良く話をしている。
挨拶をすると、どちらも俺の会員様。

そんな光景を目にした時、
「この仕事やっててよかった」
そう思う。


毎日、何十人もの人に電話をして、
嫌な対応をされたり、
すげえ時間をかけてカウンセリングをしても、
その後、音信不通になったり、

俺がすごくモチベーション上げをしてあげても、
その後に、他社のカウンセラーに、
値段が理由とかで持って行かれたり、
(これは、俺の営業マンとしての目線だから
お客様には関係ないけど、)

まあ、色んな嫌な事はあるが、

でも、やっぱり、
こうやって、
自分がお会いして、
自分を信頼して、申し込んで下さって、
そんな方と、深い関係を作って行って、
そんな方々が、増えて、
「○○さん、お元気ですか?」
そう声をかけてくれるだけで、
すんげえ嬉しいんだよ。



そんな方々を、大事にしたい。

大事に、したい。



******

今日もタクシーで帰って来て、家についたのが2時前だけど、
でも、こういうドラマが、一日一回あるだけで、
それが、心の支えとなるんだよ。


2010/8/24 2:45am

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索