August 16, 2010 18:40

「家族と温泉の旅」

2010年8月14日&15日

この二日間は、
家族と旅行に行って来た。

静岡県の下田。
坂本龍馬発祥の地。

そこで、温泉に入って来た。

CIMG1069


非常に古く、一番古い建物は
江戸時代(350年前)からあるというその旅館は、
駅を降りてから、出迎えのマイクロバスで大分走ったところにあった。
約30分近く、山を登り、下る。

CIMG1046


風景は、まるで留学1年目の
カリフォルニアのウィード、Siskiyou County辺りそっくりだった。
山に生えている木の種類こそ違うが。

CIMG1075


CIMG1073



大沢温泉ホテル
http://www.osawaonsen.co.jp/index.htm

(この一番上の写真は玄関。
この部分が、一番古く、江戸時代からあるそうな。
毎年こどもの日から、十五夜までは、
毎日お客さんが一人でもくると、
餅つきを右側の玄関の前のところで行うらしい。わっしょいわっしょい)


******

朝の8時半に家を出て、
成田から東京まで電車で出て、
11時過ぎの新幹線に乗り、
静岡、下田に着いたのが13時過ぎ。
そこからバスに乗り、
宿に着いた頃には、14時半を回っていた。

CIMG1049



風呂場は、屋上に一つ、
この旅館の見せ場の露天風呂がある。

下は、男性用と女性用で、
時間によって、場所が代わる。

温泉の温度は、かなりぬるめ。
それに、ゆったり浸かるのが、
ここの温泉のやり方らしい。

この宿は、上にも書いた様に非常に古く、
映画「伊豆の踊り子」など、
数多くの映画や撮影に使われているそうな。

また、山椒魚を書いた。
井伏鱒二なども、この宿を気に入って、
ここで物書きなどをしていたらしい。


CIMG1092


屋上にある、「満点の湯」(この旅館の目玉)は、
15時から21時は女性用、
22時から24時と、
朝の6時から9時は、男性用となる。

真夜中に入ると、外は真っ暗で、
とてもいい雰囲気だった。
山からの風が吹き付け、
気持ちよかった。

サンタクルーズにいた時、良く入っていた
ジャグジーを思い出した。

朝は、山が良く見えて、神聖な感じ。
山の奥からは、天狗が出てきそうだった。

CIMG1090


普通のシャワーホースに加えて、
一本の筒から、打ち流しの様に
お湯がどぼどぼと出る管もある。


******

しかし、うちの家族は、余り気に入らなかった。

宿の部屋が、まず古い。
昔式なのはいいが、
ちょっとね。。。という感じではあった。

しかも、周りになんにもない。
本当に、なーんにも無かった。

で、宿の中にも、何にも無いから、
静岡に来て、3時に宿に着き、
次の日の朝まで、
この宿に閉じ込められた感はあった。

まあ、後はお盆休みってのもあってか、
非常にお金が高かったから、
それを期待して行ったってのもあったけど、
それで、これか、、、というのが、
本当のみんなの感想だろうね。


でも、俺は久しぶりにゆっくり出来たし、
また家族とどっかに行けて、楽しかったし、
今回の旅行で、その場所に行って、
その場所自体が、「楽しかった!!」という感じは
全く無かったけど、
そうやって、
普段とは違うところに行って、
違うものを食べて、
違う事を感じて、
違う空気を吸って、

違う場所で目覚め、
違う生活をする。


そんな感覚が、久しぶりに味わえて、
すごーく楽しかった。

******

両親も、姉貴も、
どうやら今回の旅は不満足で終わってしまったようだが、
俺は、ささやかに楽しめた。

今度は、俺が全てスポンサーで行ける様に、
しっかり稼がないとね。


2010/8/16 18:39


翌日の朝に登った寝姿山の山頂より。
ロープウェイで上まで登る。
ここから、当時の日本人は
黒船が来たのを見守っていたらしい。
CIMG1116


家族と一緒に
CIMG1118


トラックバックURL

コメント一覧

2. Posted by Shun   August 22, 2010 02:35
ダイゴロウ殿、

おお!お得な宿情報をどうもありがとう!早速調べてみたら、何だか宿に泊まって更にお金がもらえる、なんてプランもありますね。

今度の連休は、彼女と一緒にどこかに行ってみようと思います。紹介してくれてどうもありがとう! 近いうちにぜひ会いましょう。
1. Posted by ダイゴロウ   August 16, 2010 23:13
おぉ・・・満足度が低い宿はショックですね。であれば、安く、良い部屋に泊まれるトクー!トラベルってのがオススメですよー!
https://www.tocoo.jp/
有料会員になると、かなりお得な宿泊ができます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索