July 09, 2010 02:31

「出会い」

今日は、会員のTさんの、最後のお別れだった。

彼は、明後日出発。
NZへ、1年間のWHに行ってくる。

******

彼は、今年の3月に申し込みをされた。
もともとは、今年の4月から就職が決まっていた、
大学4年生だった。

しかし、そのデザイン会社に、
2月の内定式前日に呼び出される。

母親と、「何だろうね。こんな時期に。
まさか、内定取り消しなんて、ありえないよね」
と冗談めかして行って見たら、
なんと本当に内定取り消しだった。

彼と、彼を含む、他の新卒予定7名も、
全員取り消し。

で、更には、社員50名も首。

つまり、新しい人を雇うだけの余力が、
もうこの会社には無かったそうな。


そんな状態で、3週間ほど自暴自棄に陥りながらも、
その後、彼は、
「自分はもともと海外へ行きたかった。
きっと、これが良いチャンスだ」
と気持を切り替え、資料の請求をしてきた。

それが、彼との出会い。


******


WHフェアで初めてお会いしたが、
とても清清しく、気持の良い好青年だった。

俺のアメリカ留学時代の話とか、
旅の話とかもしたら、すごく興味津々に聞いてくださった。


でも、何よりも、
彼の人生をかけたその決断に、
俺も凄く感情移入して、
「本気でこの子を応援したい」
そう思って、カウンセリングをした。

そう、心から、本当にそう思った。



そして彼は、3月から、ほぼ毎日、
英会話に通ってくれて、
そして明後日、ついに、
NZへ旅立つ。


そんな彼と、今日最後のカウンセリングをして、
後は、近くの焼肉屋に飯を食いに行った。

色んな話をして、
凄く楽しかった。

俺が会員さんと食事に行ったのは
初めてだったけど、
こうして、オフィスを出て、
一緒に飯を食いながら、話をするのも、
すごくいいなあと思った。

だって、せっかく出会えた出会いなんだからね。
オフィスの中のブースの中だけでの出会いは、
ちょっともったいないよね。


******

さっき彼からメールが来ていた。
お礼のメールと、
彼には兄貴がいないから、俺のことを
兄貴のように思っていてくれている、って
文面だった。

すごく嬉しかった。

俺は、兄貴がいないし、
弟もいないし、
むしろ、下の子に慕われるというか、
下の子を面倒みてあげてきたことが
余り無いから、
「兄貴」って言われると、ちょっとなれない感じがするが、
そんな風に思っていてくれていることが、
本当に嬉しい。


*******


最近、カウンセリングが、
詰まっていた。

今日も、上司に色々指摘をうけた。
そのことで、大分凹んでいた。

凹むのはいけないが、
しかし、凹んでいたのは確か。


そんな中、彼のメールを見て、
元気が出た。

「ああ、俺もいいことを、
してんだなあ」と。


会員様に、本当に助けられる。

ありがとう。


彼には、NZの地で、羽ばたいて欲しい。

すごくデカくなって、
帰ってきてほしい。



がんばれ、Tさん。



2010/7/9 2:31am

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索