July 05, 2010 01:35

「生まれ変わり」




自分の今の力量を、知る事。

ハッタリではなく、
今の、本当の力を、知る事。


本当は、力が無いのに、
それを、まるであるかの様に、ハッタリを効かせ、
まやかしまやかしで日々を過ごしていては、
ある日、ばったりと、結果が出ない日がくる。

それは、ごまかしごまかしで、日々を生きているからだ。




そんな日々は、苦しいし、
変なプライドがまとわりつく。


変な、プライドが。



そんなものは一旦、捨て去ってしまえばいい。


一度、自分の今の「本当の」力量を、
自ら確かめて、
痛いほど、自分を客観的に見て、
自分が、どう見えていたのか、
いや、「何だったのか」を、
一度、痛いほど、知った方がいい。



裸の王様は、自らが、裸である事を、知らない。

しかし、自らが、裸であることを知るまでは、
服を着ようとも思わないし、
思えない。

それに、気づいていないからだ。


それで、本当に立派な服を着た人々の中で、
一生懸命頑張ろうと思っても、
それは、ただの、根性論というか、
根性論にも追いつかない。


それは、ただの、
頭を使っていない、向こう見ずだよ。



*****


俺は今月、
ノンタイトルとういうものに落ちた。

それは、カウンセラーとして、
一番低い位。

低いというか、それはつまり、
赤字社員ってことだね。


今まで半年間、「カウンセラー」のタイトルで、
走って来た。

しかしそれは、
本当は無い力を、ギリギリのところで、
保って来た。

そんな感じ。


全国に、男子カウンセラーは、
数名しかいないが、
そのうちのほぼ全員が、
タイトル的に、一気に上に上がってしまった。


そして自分だけが、取り残された。


本店でも、自分は、
後輩に抜かれ、
一気にタイトルが落ちた。


最初はショックだったが、
ある意味、よかったと思う。

なぜなら、中途半端に、
中途半端な位置にいては、
自らの欠点に、本当の意味で、
「気づこう」と思えないからだ。


うっすらとは気づいていようが、
それなりの結果を出していれば、
それを直そうとも思わない。

しかし、本当にどん底まで一度落ちれば、
一度、自分を徹底的に、見直す事となる。



そして、全てを、改革する必要があることに、
気づく。




自分が固執していた、そのやり方を、
一旦捨て去り、
全てゼロから、やり直すことができる。



*******


今日、後輩のMに、
入社当時の研修ノートを貸してもらった。
俺はこの会社に入って、
中途で入ったけど、
研修は、ほぼ無かった。

だから、はっきり言って、
基礎ができておらず、
ほとんど見よう見まねと、感覚だけでやっていた。


しかし、今日そのノートを帰りの電車で見て、
自分が、いかに「基礎」をやらずに、
知らずに、
日々を、ガンバリズムだけで過ごしていたかを、知る。



********


自分の立ち位置を知るこは、とても重要。


グラグラした状態で、背伸びをしていては、
いつか、その塔は、崩れてしまう。


しかし、一度、その塔を、下までガシャリと崩して、
下からもう一度、しっかりと、基盤を作って行けば良い。


そうすると、一度、高さは一気に低くなるが、
今度は、その基盤は、ガッシリしているから、
もう、そのようにぐらつく事はない。



********


今は、その塔を、一度崩したところだ。


ゼロからまた、初めている。

入社当時を思い出す。

自分は、新人で、タイトルもなく、
プライドもクソもなかった。


とにかく、「自分に負けたくない」と、
ガムシャラにやっていた。


人と自分を比べる事も無かったし、
みんな、俺の先輩だった。

それが今はどうか?
勝手に、後輩ができてから、
変なプライドを持ち出し、
基礎もできず、グラグラやっていた。


その結果が、これだよ。



*********


また、ゼロに帰って、
非常に清々しい。


もう、変なプライドは、捨て去った。

あとは、一つ一つ、登って行くだけだ。



全ては、自らとの闘い。



己をいかに、常に、客観視するか。

いかに、自らを、本当の意味で評価し、

本当に何が足りていないのかを、

自らが、的確に、判断できるか。


それが、ホンモノの、
「評価」ってもの。




********


また、生まれ変わった。

楽しくなって来た。



2010/7/5 1:34am

トラックバックURL

コメント一覧

2. Posted by Shun   July 08, 2010 00:24
てぃんばーれいく。
1. Posted by じゃすてぃん   July 05, 2010 11:23
かっこいいじゃん。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索