March 24, 2010 00:24

"The Blind Side"「しあわせの隠れ場所」

the-blind-side-poster

先日、3月9日に観て来ました。

NFLのボルチモア・レイブンズでプレイする、
マイケル・オアー選手の実話に基づいたものです。

普段はおてんばな役が多いサンドラブロックですが、
この映画では、アメリカではどこにもいそうな、
「いかにも」という感じのママを好演していました。

余り笑わないし、
直接その子の前で誉めたりはしない性格だけど、
本当は誰よりもその子の事を思っていて、
愛情も強さも、誰よりも深い、

そんな母親像を演じていました。


アメリカという国は、
本当に大きいし、
州によって、また、
西部、中部、南部、東部と、
地域柄によって、その雰囲気は全然違います。

そんな中、
中部、南部の方の、
「古きよき田舎の町」のアメリカの雰囲気が、
よく出ていました。

タイトルの「ブラインド・サイド」にもあるけど、
フットボール上で、マイク・オアーが受け持つポジションである
その言葉と、
アメリカ社会において、リッチな白人の家庭からは見えない、
貧困層の黒人たちの生活、

その「盲目点」(ブラインドサイド)を、
上手く描いていたと思います。


こういう、その国の典型的な日常、
だけど、その中にある、人々のドラマ、

普段は見えないけれども、
実際に、世界中のいたるところで起こっている、
そんな、人間の愛情、

それを描いた映画って、本当にいいなと思います。

オススメの一本です。

2010/3/24 12:23am




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
記事検索